update:2012年4月7日 最終更新日:2012年4月7日

中医学による機能性頭痛の分析(論文) ①

※効果や感じ方は人によって異なります

テーマ

・器質的に何の異常もないのに日常的に反復して起こる
・慢性頭痛は、鍼灸治療によって根本的に改善できる。
・罹病期間(3年、5年、20年など)に関係なく一定期間で改善できる。
・随伴症状(不眠、むかつき、など)もともに改善される。
・日常的に見られる頭痛の中には危険なものもありますが、機能性頭痛が頭痛全体の85%を占めている。
・機能性頭痛は、器質的に異常がないため軽視されがちで、根本的な改善がなされず、何年も続く慢性の頭痛となり、悩んでいる人が非常に多い。

このような機能性頭痛を中医学の視点から分析する

日常的に最も多く見られる痛みの中に頭痛があります。
頭痛の中には危険なものもありますが、器質的に何の異常もないのに反復して起こる頭痛、すなわち機能性頭痛がその85%を占めています。

機能性頭痛は根本的な改善がなされず、何年も続く慢性の頭痛となって、苦しんでいる人が非常に多いのです。(器質的に異常がないために、軽視されがち)
このような慢性頭痛は鍼灸治療によって、根本的に改善でき、罹患期間に関係なく、また頭痛に伴なう不愉快な症状、たとえば不眠、むかつきなども共に改善されます。

このような機能性頭痛を中医学の視点から分析します。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ