五十肩・四十肩とは

筆者
はらだ鍼灸整骨院 院長 原田浩一

詳しいプロフィールを見る

五十肩とは

正式名称を肩関節周囲炎といい、肩関節の周囲に起こる炎症全般のことを指します。
五十代、四十代の方に多く見られる症状から、「五十肩」「四十肩」と一般的に呼ばれています。
好発年齢は40~60歳で、50歳代を中心に明らかな原因無しに発症します。

四十肩とは

五十肩と同じ症状の事を指しますが、四十肩は五十肩に比べて早く改善します。これは40歳代が体力や代謝能力などの一つの体質の変わり目であり、それほど体質が悪化していないことが関係していると考えられます。
四十肩は急性で発生し、ほんの数回で改善することが多いです。

五十肩の症状

むちうち1.jpg

五十肩・四十肩(ここでは総称して五十肩)は、ある日突然肩関節付近に鈍痛が起こったり、腕を上げるときに違和感や鋭い痛みを感じるようになったりと、急に発症します。
次第に痛みは鋭いものになり、急に腕を動かす場合などに激痛が走るようになります。
そして、だんだん関節の運動制限が引き起こされます。
関節の運動制限の度合いは人によって異なり、30~150度と様々です。
日常的な動作(髪を洗う、歯を磨く、炊事、洗濯物を干す、電車の吊革につかまる、服を着る、寝返りを打つなど)が痛みでできなく(やりにくく)なったり、鋭い痛みで目が覚めるなどの支障をきたします。

五十肩の発症による痛みと可動域制限の経過

五十肩は、一般に発症から2週間の急性期、その後約6ヶ月の慢性期を経て、回復期となります

急性期には、腕を動かすと痛みがあり、腕が上がらなくなっていきます。安静にしているときにも、痛みが伴い、特に夜に痛みを感じることが多くなります。腕がだんだん上がらなくなっていき、徐々に関節の可動域が制限されていきます。

慢性期には、徐々に痛みが軽減しますが、腕が上がらない状態(可動域制限)は継続していきます。

回復期には、腕が上がらない状態(可動域制限)が継続しますが、痛みは少なくなっていき、可動域は徐々に自然回復していきます。

これらの回復経過には、1年前後を要するとされていますが、2年3年と罹患した後、来院されるケースもよくみかけます。
また、一度収まった症状が5年以上経ってから再発するケースも見受けられます。
予後は罹患期間に関係なく、痛みがあっても自動で上腕が上がるものは回復が早く、他動でも上腕が上げられないケースは回復が遅い傾向にあります。

お気軽にお電話ください 06-6864-3381
電話予約の流れ
ご予約・お問い合わせはこちら