患者様の病態分析

臨床報告とは

臨床報告とは、一つ一つの病態をどのように分析し、診断を下し、そのもとに、どのような治療を施し、その経過を示し、どのような結果になったかという報告です。

様々な分野の臨床報告を残すことによって、後世の臨床家の手引き・参考としてほしいと願っています。

治療家であれば、どのように治療して良いかという悩みは、誰しも同じようなところに行きつきます。難しい疾患になる程、どうしたらよいのか分からないことも多く、悩みも多くなります。鍼灸が医学として発展するためには、臨床家や、これから臨床を目指す鍼灸師が、このような壁に当たった時、本当に参考になる手引きがほしいと思うのは誰しもです。

私は中医学弁証を学び、中国の大学院で学んでいる勉強を学ぶ機会を得ました。中国の臨床例の多さは、日本と比べるととてつもなく多くあり、その臨床例が私の成長に大きく繋がりました。残念ながら日本には、参考となる臨床報告がほとんどなされていないのが現状です。

患者様の協力を得て臨床報告をあげていきますので、後世の臨床家たちの参考となれば幸いです。

[左手部捻挫]手首を後ろ側に背屈しても、小指側に曲げても、手関節に激しい痛みが走る

初診

2018年2月6日  
34歳 男性

主訴

左手関節の痛み

診断名

左手部捻挫
前腕筋群の緊張・短縮・炎症

現病歴

tekubi
バイクの販売・修理を行う仕事をしております。バイクの修理では、ネジを閉めたりゆるめたりする事が多く、手首をよく使います。ハーレーダビットソンなどの大型バイクは、1台300~400㎏ぐらいあります。限られた敷地の店内で動かすので、前に押したり、後ろにひいたり、回したり、何やかんやで1日中手を使っています。
3年来の手関節の疼痛で、緩快・増悪のくり返しをしております。手首を後ろ側に背屈しても、小指側に曲げても、手関節に激しい痛みが走ります。治ったと思ったら、忘れた頃にまた痛くなり、この3年間痛みをずっとくり返していました。酷くなったのは、ここ2週間で、強い力を入れると激痛が走り、手をつくのも痛くなったので、このままでは仕事ができなくなると思い、ネットで検索して、当院をみて本日2月6日(火曜日)に来院いたしました。

現象

現代医学的な方法による病態の把握と、
中医学基礎理論を用いる中医学弁証による全身状態の把握

現代医学的な把握
byoutai02

  • 手関節の背屈痛(角度30度で疼痛)
  • 手関節の橈屈痛
    以下の前腕筋群に緊張・萎縮・炎症を認める。又、それぞれの筋と筋の間溝に炎症。
    浅部から深部まで、特に深部の炎症を引き起こしている。
    ・総指伸筋  ・小指伸筋  ・尺側手根伸筋
    ・長・短橈側手根伸筋  ・腕橈骨筋
  • 上腕二頭筋、上腕三頭筋などの上腕筋群にも緊張・萎縮を認める

中医学による病態の把握
byoutai04

    舌診

  • 舌体
  • 胖大

  • 舌色
  • 紅舌

  • 舌苔
  • 苔小。水多し

  • 舌下静脈の怒張、舌根下部にあり
    体内の一部で、血流が慢性的に悪化していることを示す。
  • tongue out

    脈診

  • 毎分60 滑脈
  • 顔や頭が熱く足が非常に冷たい
    (上熱下寒であり、体内の熱が上半身、とくに頭部に偏っていることを示す)
  • ~気血津液弁証~

  • 気滞証
    気の流れの停滞により、推動力が低下し、血液と体内水分の流れが悪くなっている。
  • 痰湿証
    脾気が低下し、水分代謝が悪化し、慢性化している。
  • 瘀血証
    身体内の一部分の血流が悪化し、慢性化している。

方解

byoutai09

肘および前腕筋群の疲労が蓄積し、慢性化して改善されなくなっている。手指および手関節のあらゆる動きは、前腕筋群で行なっている。ゴルフ肘やテニス肘で見られるような、前腕筋群に過剰な負担がかかったためである。毎日の仕事を通して、疲労が積み重なったものである。

治療方針

~全身的な視点から診た鍼灸治療~
byoutai03

  • 全身の気・血・水の流れと水分代謝を促進させる。

~局所的な鍼灸治療~

  • 現代医学的な病態把握でとらえた筋群の調整を行う。
    浅部から深部まで丁寧に筋肉の緊張を緩め、炎症を取り除き、痛みを改善させる。全身症状より局所的な状態が悪化しているので、徹底的な対処療法を局所に施す。
    自分のもつ自然回復力で回復できるように鍼灸治療を施す。

治療経過

患者様のお声をそのまま記します

第1回目の治療

痛みの強さに変化はありますか?
痛みは少しマシになっています。スコアで言うと、来院した時を10とすると、6です。
本日、一番取りくんでほしい治療は何ですか?
前回と同じくお願いします。

第2回目の治療

痛みの強さに変化はありますか?
かなり楽になりました。痛みをスコアで表すと、10から4になりました。
本日、一番取りくんでほしい治療は何ですか?
引き続き、お願いします。

第3回目の治療

痛みの強さに変化はありますか?
ほとんど痛みはなくなりました。

公開日:2018年3月5日 更新日:2018年11月5日 ©
はらだ鍼灸整骨院 院長 原田浩一

はらだ鍼灸整骨院
院長 原田浩一

「[左手部捻挫]手首を後ろ側に背屈しても、小指側に曲げても、手関節に激しい痛みが走る」は
原田鍼灸整骨 院長 原田浩一が書きました

鍼灸師・柔整師・カイロブラクター・サイコセラピスト

(財)東洋医学手技療法師協会認定プロ養成講師

  • 平涼医学高等学校(中国)客員教授
  • 大阪中医学研究会主宰
  • 中国刺絡学会最高顧問
  • 日本心理センター認定サイコセラピスト(理事長 立木 寅雄氏)
  • 近畿療術師会連絡協議会認定カイロブラクター
詳しいプロフィールを見る