月別アーカイブ: 2013年12月

update:2013年12月12日 最終更新日:2017年8月9日

わかりやすい中医学入門【腎】32

※効果や感じ方は人によって異なります

腎陽虚
腎気虚に加えて、陽の不足による寒性の症状があらわれる病証です。病位は腎、病態は陽虚です。腎精不足の証候とともに、腎陽の不足による温煦機能、気化機能の低下と、虚寒症状をともなう病態です。
腎の病位情報としては、腰の冷え、だるさで、気化機能の低下では、浮腫が現れ、生殖機能の低下では、陽萎や不妊をおこります。
陽虚の症状としては、気虚プラス寒証なので、寒がる、四肢の冷え、動くとすぐに息切れする、脈沈・弱、などの症状が現れます。

治療目的は、腎陽を補うことで、治療方法は温補腎陽となります。
腎の陰陽は根源は同じ腎精であるので、陽を補う時に加えて陰も少々補うことで腎精が補われます。その意味は陰中求陽と理解して下さい。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2013年12月8日 最終更新日:2013年12月8日

わかりやすい中医学入門【腎】31

※効果や感じ方は人によって異なります

腎陰虚
腎の陰液が不足した病証です。病位は腎で、病態は陰虚です。腎精不足の証候とともに、陰液の不足による虚熱と、濡潤不足による乾燥の症状をともないます。
陰虚による特徴的な症状は、五心煩熱、盗汗、午後の潮熱、頬部のほてり、のぼせ、舌診では舌色紅、苔少、脈診では細・数となります。潮熱とは、午後の決まった時間に熱が出るということです。盗汗とは、普通汗をかく状態でなくても、寝たら汗をかくという症状です。
五心煩熱とは、手・足・胸の中心が、特に夜ほてるという症状で、手足は二本ずつあるので五心と呼ばれています。

腎の病位情報としては、腰や下肢のだるさ、痛みです。
腎虚が精の不足をもたらし、血・髄に影響すれば、めまいや耳鳴り、難聴、脱毛、白髪、思考力や記憶力の低下、痴呆を引き起こします。
生殖機能に影響すれば、男性は遺精、早泄、女性は不妊症、流産しやすい、などの症状が現れます。
二陰に影響すれば、小便が黄色くなり、大便は硬く乾燥するなどの症状が現れます。
治療の目的は腎の陰を補うことで、治療方法は滋補腎陰となります。
鍼灸では、太谿、腎兪、復溜に加えて、三陰交を用い、虚熱が顕著なものには、照海、行間などを用い、熱を制します。

[代表方剤】
六味地黄丸

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2013年12月5日 最終更新日:2017年8月9日

わかりやすい中医学入門【腎】30

※効果や感じ方は人によって異なります

腎不納気
腎気虚のため摂納が弱くなり、呼吸障害がおきてくる病証で、病位は腎、病態は納気機能の減退です。病位情報としては、腰がだるい、痛むです。
疲労減退、息切れ、動くと症状が増悪するという気虚の症状を伴います。
病態としては納気機能の減退で、呼吸障害、呼多吸少、喘息などがあらわれます。

治療の目的は補腎と補気で、腎気を補って納気を回復させることです。治療方法は補腎納気となります。

【代表方剤】
人参胡桃湯(にんじんことうとう)、人参蛤蚧散(にんじんごうかいさん)

腎気不固
腎気虚のため、腎の封蔵(ふうぞう)固摂(こせつ)の機能が弱くなり、精関(せいかん)の固摂(こせつ)、または膀胱の約束機能が失調する病証です。
病位は腎にあり、病態は気虚による固摂機能の失調です。
病位情報としては腰がだるく、痛むなどです。
疲労倦怠感、息切れ、動くと症状が増悪するなど、気虚の症状を伴います。

治療の目的は、腎気を補って、封蔵機能を回復させることで、治療方法は、補腎固摂です。症状により渋精、縮尿、固衝、止帯です。
病位情報は、腰がだるい、痛むです。
疲労倦怠感、息切れ、動くと症状が増悪するなど、気虚の症状を伴います。病態は気虚による固摂機能の減退で、尿失禁(垂れ流す)、遺精、多尿、夜間頻尿、滑精、流産しやすい、うすい帯下などです。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2013年12月1日 最終更新日:2013年12月1日

わかりやすい中医学入門【腎】29

※効果や感じ方は人によって異なります

腎精不足
腎精不足のため、精殖機能の減退や老化が起こる病証で、病位は腎で、病態は精の不足です。
病位情報としては腰がだるい、痛む、尺脈弱などです。精の不足が生殖機能に影響すれば、陽萎や性欲減退、不妊などがあらわれます。老化に影響すれば、脱毛や歯の動揺、早期の老化や耳鳴り、難聴、痴呆などがおこります。

治療
治療の目的は、腎精を補うことです。
先天の精は後天の精によってバックアップされているので、脾胃の生化作用を強化することも大切です。
治療方法は補腎益精となります。

【配穴】
腎兪(じんゆ) 太谿(たいけい) → 滋補腎精(じほじんせい)
脾兪(ひゆ)、足三里(あしさんり)、三陰交(さんいんこう) → 健脾益気(けんぴえき)
【代表方剤】
河車大造丸(かしゃたいぞうがん)

※効果や感じ方は人によって異なります

初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分