月別アーカイブ: 2013年9月

update:2013年9月29日 最終更新日:2013年9月29日

わかりやすい中医学入門【腎】10

※効果や感じ方は人によって異なります

②くつろぐことが上手
くつろぐとは、リラックスできるということです。
同じ刺激を受けてもストレスになる人とならない人がいます。
ストレスになる人とならない人とではどこがちがうのでしょうか。
ストレスにならない人は心のうけとめ方に幅があるのです。
ストレスにならない人は、実際におこる現象や出来事に対して、それぞれ共通した心の受け止め方をもっています。
それは、見たり聞いたり感じたりすることのできる一切の物事に対して、「何が何でも~でなければならない」という絶対的なものではなく、「できることなら、希望としては~であればとてもいいのに」という心の構え方です。
ですから、精神的にはこだわりが少なく、事態や状態の変化に気づくのが早いので、素早く考え方を切りかえて、周りの状況や変化に適応できるのです。
つまり、むだなところでむだな時間を費やしてとどまっていることが少なく、そのときそのときの状態に合わせて、または次の事態や状態を予測してそのことに精力を注いでいけるのです。

もし、「何がなんでも~でなければならない」という絶対的な固定概念をもっていれば、従来どおりの考え方を誇示したり、それを守ることに必死になるので、時代の移り変わりや人々の心の変化やニーズに気が付きにくくなります。
その結果、結局自分自身が変化、向上することができないのです。
宇宙や自然現象を見ても、自然は絶えず変化し、移り変わって安定し、また変化をくりかえし、進化しています。

「希望としては~であればとてもいいのに」という心の構え方には変化するゆとりがあるのです。
「全力を投球して精一杯やるが、結果はどうなっても仕方がない、任せておこう」という気持ちが持てるので、無駄なことに精血を消耗しなくてすむのです。
その結果、心にゆとりが生まれ、リラックスすることができます。
リラックスしているときの呼吸は深く長息なのです。
吸う息に力がはいってなくて自然で、吐く息がなが~いのです。
気持ちよくなが~く吐けるのです。

呼吸が深いということは、肺の主気作用が順調にはたらくということです。気が全身に行きわたり、その結果、血も全身をめぐります。さらに、心血を推動して全身の血液循環をバックアップします。
また、呼吸が深いということは宣発・粛降作用もよいということで、脾気の運化作用がバックアップされ、食事も美味しくいただけます。
運化作用がよいということは、後天(こうてん)の精(せい)が充分に産生されるので、先天(せんてん)の精(せい)をしっかりバックアップできるのです。

すなわち、「長い息」が「長(なが)生(い)き」につながってくるのです。
さて、歳をとるということと、精の関係についてもう少し見てみましょう。
たとえば、こんな経験をされたことはありませんか?
・ 久しぶりに再会した友人がなんだか急に老け込んだように見えた。
・ 離れて住んでいる両親に会い、「また歳をとったなぁ。」と思った。しばらく見ないうちに背中が丸まり、少し小さくなったような気がする。長く歩くと疲れやすい。元気ではあるが以前ほど意欲的ではなく、頑固になってきた。会うたびに歳をとっていくようで、悲しくなった。
・ 往年の大スターが久しぶりにテレビ出演しているのを見て、かつてのような声の張りがなくなり、背筋がまがり、頭には白いものがまじり、顔にはしわが目立つようになった姿に、「この人も歳をとったなぁ」と感じさせられた。

老いとはだれにでもおとずれるものです。生きている限り、老化は避けて通れません。スターとて、それは同じです。ただ、老化の進み方を早めたり、遅らせたりすることは可能です。

こんなこともありませんか?
・ 同じ年頃なのに生き生きとした若さを保っている人を見て、つい自分と比較してしまった。
・ よく見ると年齢とともにしわや白髪があるものの、生き生きとした表情と快活な言動から実年齢よりずっと若く見えるのに驚いた。
・ あるいは、高齢の俳優さんがいつまでもハードな舞台や映画撮影をこなしているのを見て、若さの秘訣を知りたくなった。

つまり、早く年を取りすぎてしまう人もいれば、ステキな年の重ね方ができている人もいるのです。

親が年齢を重ねても元気で、好奇心旺盛で、意欲的であって欲しいと思うのは、すべての子の願いです。
若い時には若い時のような、老年期には、老年期のような、人生を楽しむ心を持っていて欲しいと思います。

稲の穂は実るほどに頭をたれるといいます。人間も円熟し、年齢を重ね老年期を迎えると、精との関係で骨量も少なくなり、腰も曲がりやすく、脳や身体の機能も低下してきます。が、その反面、「おかげさまで」という、頭を垂れるような感謝の気持ちをもつことも可能です。
年齢を重ねることで、老化というマイナス面だけではなく、苦労を経ることにより人生経験も豊かになり、人の立場も、状況も思いやれるようになり、謙虚な心を持つこともできるでしょう。
豊かに実るということは、「自分一人で生きているのではなく、生かさせてもらっている」という感謝の心でいっぱいになることではないでしょうか。
感謝の心の大きい人のそばにいると、その人の気持ちがよい波動となって伝わってきてこちらの心も充電され、同じように「豊かさ」で満ち溢れるような気がします。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2013年9月26日 最終更新日:2017年8月9日

わかりやすい中医学入門【腎】9

※効果や感じ方は人によって異なります

では、生活の中で精(せい)はどのように滋養(じよう)され、充電され、また、精(せい)はどのようにして消耗して精(せい)の不足をひきおこすのか、以下にまとめましたのでご参考下さい。

①充分な睡眠
夜(よ)更(ふ)かしや睡眠不足、精神的過労は特に激しく腎(じん)精(せい)を消耗します。腎(じん)精(せい)は、普通、夜寝ているときや、休息しているときにもっとも補充されるのです。
腎精の補充には睡眠が一番大切ということです。

夜の時間は「陰(いん)」の時間となります。
日中は「陽(よう)」の時間です。
夕方が来ると陰(いん)気(き)がだんだん増えていき、深夜になると陰(いん)がもっとも盛んになります。
日中は太陽が出て陽気(ようき)が盛んであるように、身体の中も陽(よう)気(き)が主にはたらき、活動するのに向いています。
夜は太陽(よう)がしずみ、陰気(いんき)が盛んであるのと同じように、身体の中も陰(いん)が主体となってはたらきます。

陰(いん)は、身体のはたらきを抑制し、静める作用があるので、陰(いん)の時間は身体をやすめ、滋養(じよう)し、修復する機能が最も盛んとなります。
よい睡眠は、消耗した陰(いん)、すなわち血や精(せい)を補うのにはとても大切なのです。夜は消耗した血や精を充電する時なのです。
いくらよいものを食べても、過労や夜更かしによる睡眠不足をつづけていると、精(せい)を消耗してしまいます。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2013年9月22日 最終更新日:2013年9月22日

わかりやすい中医学入門【腎】8

※効果や感じ方は人によって異なります

しかし、生活の仕方によってその消耗の仕方も補充の状態も人によってさまざまです。ただ、飲食をとっていればいいというものではありません。
家計簿のことを考えてみてください。

収入は労働によって、入ってきます。
収入と支出が釣り合っていればよいのですが、実際には予期せぬ出費などで、収入以上に支出が上回ることがあります。収入から支出をひけば赤字となります。このようなときに貯えがあればよいのですが、もし貯えがなければどうなるでしょうか?
人体においても、これと同じことが言えます。精にも限りがあるのです。
毎日の食事によって、精は滋養されていますが、いざというときの充分な貯えができているかどうかは、人それぞれによって異なります。

仕事をする、ふっと居眠りをする、何か活動をしている時には必ず消耗をともないます。
生きている、仕事をする、勉強している時、何かを消耗します。
これが、いわゆる気・血・津液・精というものです。
消耗しながら生活している、生きているわけです。
ですから、この消耗を補充しなければなりません。

その原材料となるのが、食べたり飲んだりしている飲食物であり、呼吸によって得られる自然界の精気です。臓腑のはたらきによって摂取したものを処理加工し、物質とエネルギーに変えているのです。

つまり、収入と支出、需要と供給のバランスが大切なのです。
いくらたくさんお金を持っていっても、持っている以上に使ってしまえば、赤字となってしまいます。

実際は、お金があればあるように使いたいし、元気もあればあるように使ってしまうのが人間の心理でしょう。
しかし、バランスを取りながら上手に使うというのは、以外と難しいものです。

このような状態で、徹夜の仕事などによって精神的、肉体的な消耗が続いたり、他にも精の消耗に繋がるようなことが重なると、需要と供給との関係で精の赤字が生じるのです。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2013年9月19日 最終更新日:2013年9月19日

わかりやすい中医学入門【腎】7

※効果や感じ方は人によって異なります

先天(せんてん)の精(せい)の減少と共に徐々に老化をたどっていくのは、人類の自然現象です。

しかし、老化は早めることも、遅らせることもできるのです。

実は、老化を早めるのも、遅らせるのも、個人の生活の仕方や気持ちの持ち方、考え方次第なのです。

では、どうすれば老化を遅らせることができるのでしょうか?

老化がゆるやかな人とは、どのような人でしょうか?
年齢のわりに若く見える人、姿かたちが若々しい人、足腰が丈夫で元気に活動ができる人、記憶力が良く、脳のはたらきがよい人、男性として、女性としての魅力がある人、このような人が老化を感じさせない人です。

老化が早い人はどんな人でしょうか。
年齢のわりに年老いて見える人、姿かたちが老化して見える人、足腰が弱りそのために充分な活動ができない人、物忘れがひどく思考が鈍い人、このようは人が老化を感じさせる人です。

このような老化現象は、精(せい)の量の減少によって引き起こされるのです。
そこで、老化の速度をゆるめるためには精(せい)の消耗をふせいで、精(せい)を滋養(じよう)、充電すればよいということになります。
精(せい)は使えば消耗しますが、後天(こうてん)の精(せい)によってたえず滋養(じよう)されるので、精(せい)が枯(こ)渇(かつ)することはありません。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2013年9月15日 最終更新日:2017年8月9日

わかりやすい中医学入門【腎】6

※効果や感じ方は人によって異なります

③老化をつかさどる
精(せい)の量と寿命との関係

青(せい)壮年期(そうねんき)までは精(せい)の量が増加しています。そして、青(せい)壮年期(そうねんき)以降、精(せい)の量が減少しています。

腎(じん)精(せい)は、幼年期以降、成長と共に次第に充実していき、青(せい)壮年期(そうねんき)に最も充実しますが、中年以降はおとろえはじめます。

内(だい)経(けい)には、男子は8歳ごとに、女子は7歳ごとに生じる生理過程の変化が示されていますが、男子は40歳になると腎(じん)気(き)がおとろえだし、女子は35歳になると陽明(ようめい)経(けい)の脈が次第におとろえるとあります。

なぜ、男女とも中年以降、腎(じん)の精気(せいき)が衰え始めるのでしょうか?
これは、先天(せんてん)の精(せい)の量が中年以降は減少していくからです。
老化は精(せい)の量との関係で決定されるので、精(せい)の量の減少と共に精気(せいき)は次第におとろえはじめ、徐々に老化していくのです。

すなわち、命(いのち)の火(ひ)である「命門(めいもん)の火(ひ)」が衰退していくわけです。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2013年9月12日 最終更新日:2017年8月9日

わかりやすい中医学入門【腎】5

※効果や感じ方は人によって異なります

① 成長、発育をつかさどる
先天(せんてん)の精(せい)は、出生後は後天(こうてん)の精(せい)によって絶えず滋養(じよう)され、成長、発育とともに腎(じん)精(せい)は次第に充実していきます。
幼児期に、腎(じん)精(せい)が不足すれば発育障害をおこします。

②生殖(せいしょく)機能(きのう)をつかさどる
思春期になり、腎(じん)精(せい)が充実して生殖(せいしょく)機能(きのう)を発育させ維持する物質である天癸(てんき)を生じると、女性は排卵、月経が、男性は精(せい)子の産生(さんせい)と射精(せい)がはじまり、生殖(せいしょく)機能(きのう)がそなわります。
天(てん)癸(き)とは、先天(せんてん)の気が蓄積し、成熟して腎(じん)中(ちゅう)の精気(せいき)より生じるものです。男女の性ホルモンをさしています。
腎(じん)精(せい)が不足して生殖(せいしょく)機能(きのう)に影響すると、性意欲や性機能の減退、精(せい)子の異常(数の減少、奇形など)、インポテンツ、不妊症、閉経などをひきおこします。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2013年9月12日 最終更新日:2013年9月12日

大阪で鍼灸院を開業するキッカケ ~はらだ鍼灸整骨院の思い~

※効果や感じ方は人によって異なります

6b72ba5e7cf28edc7719ad2ea7ffa0eaec58c83fstd

実は私も慢性膵炎を10年以上悩んでいました。それをなおすきっかけが鍼灸治療だったのです。それ以来、同じように長年症状に悩んでいるお客様を助けるために、大阪に鍼灸院を開業しました。鍼灸一筋25年、治療家として治療に携わらせて頂いた多くの経験と実績を世界の鍼灸大会で発表し、書籍として残すよう努めるなど、今でもより多くの方々のお悩みを解消できるように心がけております。

続きを読む

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2013年9月12日 最終更新日:2013年9月12日

【25年以上の実績】技術NO1の大阪鍼灸院、はらだ鍼灸に来院されませんか??

※効果や感じ方は人によって異なります

9

大阪豊中市の鍼灸院、はらだ鍼灸整骨院の院長、原田です。私は鍼灸一筋二十五年、最高の手技をめざして邁進して参りました。

大阪吹田市で開業して十年、私は三年半日本を代表する先生から本格的な中医学を学ぶ機会を得ました。土曜日仕事が終わってから東京に行き、土日で五科目・十時間の中医学の全科目を修了することが出来ました。

その後現在の天津中医薬大学大学院の全科目を日本で受講する機会に恵まれました。私は世界を代表する中医学の教授より中国が誇る世界の鍼灸医学を学ぶことが出来ました。

続きを読む

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2013年9月8日 最終更新日:2013年9月8日

わかりやすい中医学入門【腎】4

※効果や感じ方は人によって異なります

先天(せんてん)の精(せい)は、誕生後、五臓の中の腎(じん)にしまわれ、発育・成長・生殖(せいしょく)という基本的な生命活動を起動させます。

後天(こうてん)の精(せい)は腎に貯えられた先天(せんてん)の精(せい)を生涯にわたってたえず補充して先天(せんてん)の精(せい)を支えていきます。

この腎に貯えられた先天の精と後天の精を合わせて「腎(じん)精(せい)」と呼びます。
この腎精は成長・発育・生殖・老化を主り、全ての生命活動の源なのです。精(せい)は「精気(せいき)」とも言われ、この精気(せいき)を封蔵(ふうぞう)する腎の生理作用を蔵(ぞう)精(せい)といいます。封蔵(ふうぞう)とは、貯蔵の意味です。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2013年9月7日 最終更新日:2015年4月23日

テニス肘で治療中の患者様(50代女性)のお声をいただきました(肘・テニス肘)

※効果や感じ方は人によって異なります

1111

試合に勝ち残り、1日で3試合行いました。最後で足を滑らせて体制を崩して打ったとき、肘に激痛が走りました。試合終了後は、ラケットを強く握れないほど傷みがひどくなりました。平成25年8月20日、あまりに痛みがひどいのでその足ですぐに当院に来院しました。

<症状>

前腕の外側伸筋群および内側の屈筋群を一番傷めていました。さらに上腕および三角筋および肩関節を支える筋群にも影響がでていました。

<治療内容>

炎症や痛みを抑える手技を、一鍼一鍼丁寧に施しました。

その後、置針をしてさらに炎症を取りました。

1回の治療で手が楽に動かせるようになりました。

2回の治療で痛みが完全に取れたので、治療を終了しました。

テニス肘の治療についてはこちら

テニス肘は慢性化してしまうと、テニスをするときだけではなく、日常生活のありとあらゆる面で支障をきたします。また、一度いためてしまうと、たびたび再発するのもこの疾患の特徴です。

私がテニス肘になったのはかなりの昔のことですが、以後も練習をしすぎた後、試合の後などに痛みが生じることがあります。そのようなときに、特効薬のように効くのは鍼治療です。一回の治療で強い痛みは嘘のように治まり、二、三回治療を重ねるとほぼ完治。

テニスでどんな動きをしても全く痛みを感じない状態に回復します。原田先生の鍼治療はテニス肘に間違いなく絶大な効果を発揮します。

テニス肘の患者様の声

テニス肘の治療についてはこちらから

※効果や感じ方は人によって異なります

初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分