update:2013年12月12日 最終更新日:2017年8月9日

わかりやすい中医学入門【腎】32

※効果や感じ方は人によって異なります

腎陽虚
腎気虚に加えて、陽の不足による寒性の症状があらわれる病証です。病位は腎、病態は陽虚です。腎精不足の証候とともに、腎陽の不足による温煦機能、気化機能の低下と、虚寒症状をともなう病態です。
腎の病位情報としては、腰の冷え、だるさで、気化機能の低下では、浮腫が現れ、生殖機能の低下では、陽萎や不妊をおこります。
陽虚の症状としては、気虚プラス寒証なので、寒がる、四肢の冷え、動くとすぐに息切れする、脈沈・弱、などの症状が現れます。

治療目的は、腎陽を補うことで、治療方法は温補腎陽となります。
腎の陰陽は根源は同じ腎精であるので、陽を補う時に加えて陰も少々補うことで腎精が補われます。その意味は陰中求陽と理解して下さい。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 服部天神駅徒歩3分
診療時間
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分