update:2013年12月5日 最終更新日:2017年8月9日

わかりやすい中医学入門【腎】30

※効果や感じ方は人によって異なります

腎不納気
腎気虚のため摂納が弱くなり、呼吸障害がおきてくる病証で、病位は腎、病態は納気機能の減退です。病位情報としては、腰がだるい、痛むです。
疲労減退、息切れ、動くと症状が増悪するという気虚の症状を伴います。
病態としては納気機能の減退で、呼吸障害、呼多吸少、喘息などがあらわれます。

治療の目的は補腎と補気で、腎気を補って納気を回復させることです。治療方法は補腎納気となります。

【代表方剤】
人参胡桃湯(にんじんことうとう)、人参蛤蚧散(にんじんごうかいさん)

腎気不固
腎気虚のため、腎の封蔵(ふうぞう)固摂(こせつ)の機能が弱くなり、精関(せいかん)の固摂(こせつ)、または膀胱の約束機能が失調する病証です。
病位は腎にあり、病態は気虚による固摂機能の失調です。
病位情報としては腰がだるく、痛むなどです。
疲労倦怠感、息切れ、動くと症状が増悪するなど、気虚の症状を伴います。

治療の目的は、腎気を補って、封蔵機能を回復させることで、治療方法は、補腎固摂です。症状により渋精、縮尿、固衝、止帯です。
病位情報は、腰がだるい、痛むです。
疲労倦怠感、息切れ、動くと症状が増悪するなど、気虚の症状を伴います。病態は気虚による固摂機能の減退で、尿失禁(垂れ流す)、遺精、多尿、夜間頻尿、滑精、流産しやすい、うすい帯下などです。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 服部天神駅徒歩3分
診療時間
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分