update:2013年1月27日 最終更新日:2013年1月27日

わかりやすい中医学入門【肝と心】⑫

※効果や感じ方は人によって異なります

さて、心気の推動作用によって、血液循環がおこなわれていますが、それを助けている臓があります。

ひとつは肺です。肺には呼吸を主り、また気を主る、という生理作用があります。肺は自然界の清気を吸入することによって、宗気の生成に関わり、また、はく、すうのリズミカルな呼吸によって、気機を正常にし、新陳代謝を促進しています。

健康であるということは、血行がいいと考えることができますが、肺の呼吸作用は全身の気の調節を通して血行と深く関わっています。気めぐれば血めぐるで、全身の血液循環もよくなるのです。深い呼吸と浅い呼吸では、どちらが心身によいでしょうか。深い呼吸が大切ですが、深い呼吸になるためには、どのようにしたらよいでしょうか。意識的に呼吸を深くすることです。

ひまがあったら、息を長くはきましょう。長くはけばよいのです。長くはく練習を意識的につづけて、無意識になるまで練習します。無意識ということは、意識しなくてもできるということです。身につくということです。身につくということは、深い呼吸がいつもできているということです。1日24時間を通して、気がついたら息を深く長くはくのです。電車の中で、トイレの中で、あらゆる機会を通しておこないましょう。寝る前に息が深くなるまで息をはきだして眠ると、寝ている間も深い呼吸のまま眠れます。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 服部天神駅徒歩3分
診療時間
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分