update:2013年1月10日 最終更新日:2013年1月10日

分かりやすい中医学入門【肝と心】⑦

※効果や感じ方は人によって異なります

病気になりやすい人となりにくい人とは、どこがどう違うのでしょうか。

例えば、2人の人が、寒い風の中で長く立っていたとしましょう。

2人とも身体が冷やされ、震え上がり、不快な状態でした。1人は風邪をひきましたが、もう1人は風邪をひきませんでした。震えて、不快な感覚をおよぼしたということで、風寒は邪気であり、病邪となります。この2人はどこが違うのでしょうか。それは体質と抵抗力です。

気・血・津液・精・神が充実している状態、すなわち正気が充実している時は、病気にはかかりません。なんらかの原因で正気が不足した時に、病邪が侵入するのです。すなわち邪気と正気が戦うのです。邪と正が戦うと、邪正相争して急性病が生じます。

邪気が停滞し、正気が不足した状態がつづいて慢性病となります。つまり、病気の根本原因は、正気が充実しているかどうかであり、外からの邪気は、病気を発生させる単に誘因でしかないのです。たとえば、おなじ事物や現象、状況などに対しても、ある人にはそれがストレスになり、別の人にはストレスにならないことがあります。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分