update:2012年11月29日 最終更新日:2017年8月9日

わかりやすい中医学入門【血と津液】⑨

※効果や感じ方は人によって異なります

血為気之母―血は気の母

①生気(しょうき)―血は気を生み出します。この作用が障害されると、気血両虚となり治療方法は気血双補です。

②載気(さいき)―血は気を載せてめぐります。形の無い気を物質の血に載せる機能です。もし、大量出血があれば、血に載っていた気も、血にしたがって、体外に出てしまいますので、気も萎え萎えになります。これを気随(きずい)血脱証(けつだつしょう)といい、治療方法は補気(ほき)固脱(こだつ)です。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分