update:2012年10月29日 最終更新日:2012年10月29日

わかりやすい中医学入門【陰と陽】25

※効果や感じ方は人によって異なります

中医学はこのように人体のバランスすなわち調和を最も大切に考えており、その調和を取ることにより自分自身が本来もっている治ろうとする力を最も発揮することができるように考えてゆくのです。症状より原因となる本質を求めて根本的な改善をはかることが中医学の基本理念なのです。

病気で苦しんでいる方がたくさんおられますが、同じ病名でもひとりひとり病態は一様ではありません。百人いれば百人違うのが実際です。
例えば頭痛を例にとると、頭痛という症状は皆同じでも個々の原因はそれぞれ異なるわけです。中医学では頭痛という症状に対して治療を施すのではありません。個々の病気の発生メカニズムにさかのぼり、本質的な原因と現在の病気を総合的に分析してその結果を証という形で表し、その証に対して治療を施こすのです。症状や病名に対して画一的に同じ治療を施すのではなく、ひとりひとりに合わせた治療が必要です。

証を立てて治療方法を導き出すことを中医学(ちゅういがく)弁証(べんしょう)論治(ろんち)といいます。この講座では証を立てるためにこれだけは必要と思われる知識を勉強していきます。英語の勉強で例えれば日常会話が話せるようになるための講座なのです。
※中医学の診断において、舌脈診はとても大切なので「日常でできる舌と脈の診察法」のところで詳しくお話いたします。

この章では、実証と虚証、寒証と熱証の概念をおわかりいただけましたでしょうか?
寒熱・虚実の概念はとても大切なので、皆様に少しでもわかりやすくするために、私が尊敬する師より教わった内容を基に補足説明を加えました。私はこれらの定義や主な症状については常に暗記することを命ぜられましたが、後になってとても役に立ちました。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ