update:2012年8月15日 最終更新日:2012年8月15日

わかりやすい中医学入門 【陰と陽】④

※効果や感じ方は人によって異なります

それでは、私達の身体の働きについて、外側の陽である機能と内側の陰である物質という視点から、私たちの日常生活の中でどのように影響しあっているのか、もう少し具体的に考えてみましょう。

同じウイルス、細菌を受けたとしても風邪をひく人とひかない人がいます。個人差があるのです。
何が関係しているのでしょうか?
これは、身体の適応能力の違いによるものです。
たとえば、寒いところに長くいるとします。
血管は自然と収縮し、熱の放散を最小限にくいとめようとします。
また、身体は震えたり、鳥肌を立てたりして、寒さに適応しようとします。
このように、身体は季節や環境にあわせようと絶えず変化しているのですが、適応力が弱い人は、合わせられないので病気になってしまいます。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ