update:2012年7月18日 最終更新日:2012年7月18日

わかりやすい中医学入門 【気血津液】⑬

※効果や感じ方は人によって異なります

⑤気化作用
精の一部が必要に応じて血に作り変えられたり、血の一部が精にたくわえられたり、津液を代謝する過程で、汗や尿に変化させたりしており、これを気化作用といいます。
つまり、精から血、血から精、気から血、血から気、それぞれ必要に応じて、相互に転化する、または、相互に化生する作用をいいます。

気の機能をまとめると以下のようになります。

①推動
②温煦
③防御
④固摂
⑤気化

気の病証

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ