update:2012年4月14日 最終更新日:2017年8月9日

臨床家のための鍼灸実技講座

※効果や感じ方は人によって異なります

・他では学べない刺鍼技術の基礎から応用を徹底指導!
・世界でただ一つの刺鍼感応表を考案!
・誰でも短期間で鍼が画期的にうまくなれる!!

鍼をどう刺入したら効くか、それは鍼が身体の中に入ってからの感覚を知る事から始まります。
鍼の名人と私達ではなにが違うのでしょうか?
名人は基礎技術、知識、経験を備えているからこそ成果を上げられるのです。
どれが欠けても、望む結果は得られないのです。

当セミナーでは、

・私が師から教えてもらった「技術」
・「私の20年の経験を通して会得したもの」

以上を解りやすいイメージや図にまとめ上げました。  
この表に従って練習すると誰でも上達します。これは、世界にただ一つのものです。

下の「刺鍼感応表」の図をご覧ください。
刺鍼感応の感覚表示です。

①まず、得気を得る練習をします。
得気を感じた時、浅、中、深、どの深さで得気を得るか、感じながら行いましょう。

②被施術者が自覚する鍼の刺入感覚を確認しながら、施術者は自分が刺入しようとする感覚と一致するように練習してください。
次に、被術者に尋ねなくてもどんな鍼の刺入感覚が被術者に伝わっているかわかるように、刺入感覚を身に付けることです。
C~Fの刺鍼感応をつくれるように、また、快:不快指数の0~5の高位を目指して練習してください。

③常にDEの刺入ができるようになったら、Fの面とりを行います。
面とりができると、持続的な刺激を与えることができます。
最終的には、自分の思い通りの刺鍼感覚の持続的な刺激ができるようになることが目標です。

④得気と面とりが、一鍼3秒以内につかめるように練習するとよいでしょう。

 

次に、刺入法のための図です。
まず、鍼は痛くなく、気持ちよく刺すことが大切です。

①切皮痛をなくすには、繊維のくぼみや、やわらかいところを選びます。
接触面とのあそびをなくして、押手圧を一定に保ちます。
即ち、最初にきめた押手を動かさないことと、垂直圧、水平圧、周囲圧とのバランスが重要です。
鍼管はたたかないように、切皮は軽く弾力的に2~3回で思い切ってきります。痛みの発生しやすい部位は比較的浅いところにあることがわかります。

②痛みの強い部分での刺入法としては、無理に圧をかけずに、鍼を曲げないようゆっくり刺入します。
刺入しにくいところは、鍼を0.5mm上引き上げて、方向をわずかに変えて刺入したり、
小刻みに振動させてググッと繊維をきるようにします。

③痛みの出にくい部分での刺入法
鍼は押し込むのではなく砂の中に滑り込むように、飲み込まれるような気持ちで鍼を滑り込ませます。やわらかい指としなやかな指の動きを意識しながら、指頭感覚に全意識を集中して、必要な圧を加えて刺入しますが、いつでも止まれる、または力は抜ける態勢で臨みます。
ここで、目的の手技を行うのですが、基本的には丸く広がりのある刺激になるように心がけます。

④面がとれたら、面の弾力に合わせて押したり引いたりして、刺入するときも引きあげる時も面から離れないようにします。
面よりも速く押すと面を突き破り、面の弾力の戻りよりも早く戻すと、刺入痛が発生し、また、せっかくつかまえた面が逃げてしまいます。
軽く、面に合わせて押し、そっと力をゆるめる気持ちで、面のかえりに合わせて戻します。
意識しなくても、面の動きに合わせられるように練習しましょう。

以上は一部ですが、これらの図を基準に指導させて頂いたことにより、これまで基礎技術を習得するのに三年以上もかかっていたのが、三分の一以下の時間で習得可能になりました。
鍼名人になるための第一歩は刺鍼技術の基礎を身につけて刺鍼感応が解るようになることです。
  
刺入感覚を掴むには、柔らかくしなやかな指の動きと押手・刺し手・刺鍼の技術が大切です。
針尖を目的の箇所まで進め得気を得てそこから手技が始まるのですが、鍼がよく分かった人に鍼を受けて貰い、的確なアドバイスを受けることが鍼が上手くなる一番の近道です。

私が直接鍼を受け的確なアドバイスを施します。だから、意欲さえあればだれでも最短の期間で上手くなれるのです。他の人と画期的な差をつけ、自信をもって鍼に望めるようになるのです。

的確なアドバイスをしてくれる指導者のもと、一定期間、刺鍼基礎をしっかり身につけることは生涯の宝となるでしょう。

一本一本の鍼を効かせるようになるための全ての技術をお教えします。

期間
3ヶ月~6ヶ月

曜日・時間
月曜から木曜の19時30分~22時30分の間で90分~180分、もしくは月曜から金曜の13時~15時の間で90~120分

上記の中で実情に合わせた曜日・時間を設定 応相談

講義・実技時間 
36時間 90分を1単位とする
週1~2回

通学の例
週1回 90分/単位   24単位 6ヶ月コース

週2回 90分/単位   24単位 3ヶ月コース

週1回 180分/2単位 24単位 3ヶ月コース

費用
398,000円(税込)
※他の講座と同様、講座を修了しても、自分の納得いくまで何度でも再受講が可能です。その際の費用は頂いていません。それは、本当に優秀な人材を育成したいからです。

※「意欲ある鍼灸学生」のために特割を設けました
費用1H 15,000円で最大一クラス五名までを受付いたします。
五名のクラスの場合一人3,000円となります。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分