update:2012年4月11日 最終更新日:2017年8月9日

第4回 鍼灸世界大会発表論文(アレルギー)⑩

※効果や感じ方は人によって異なります

水の状態による5つの分類

①水がさらさらと流れ、透き通る様な綺麗な川
②田の水のように、水が溜まって流れがない状態
③泥の上に蟹が歩いているような湿地帯
④水の流れがあまりなく、底に冷たいヘドロが溜まっている状態
⑤水の流れがあまりなく、底に溜まっているヘドロが煮詰められ、水面に泡が吹いている状態

①の状態であれば、体内水分の代謝が正常な状態であり、自然界の風、寒、湿、熱、燥、暑、すなわち六淫に影響されずに恒常性を保つ。

②③④⑤は六淫に影響されやすい。また食生活においても、熱性・冷性・乾性・湿性など、食品の持つ性質に影響されやすい。
体質に合ったもの、体質を改善させるものを食べる必要がある。

体内水分の停滞
短期間の暴飲暴食やストレスが関与して起こるのでは無い。水道の蛇口をひねると水が増加して溢れだす様に、時間のかかるものだ。だから飲食や精神的なものについては自己制御できず、行き詰まるまで改められない上にそのことには気づきにくい。
アレルギー性鼻炎の主な原因は身近な私たちの日常生活の中にある。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ