update:2012年4月8日 最終更新日:2012年4月8日

解毒作用のある食材 ごぼう

※効果や感じ方は人によって異なります

ゴボウは、西洋や東洋のハーブ療法のうちでも、最も解毒作用のあるものの一つです。毒素の過剰によって引き起こされる喉や他の感染症、おでき、荒れ性、慢性的な皮膚症状の治療に用いられる。根と種子は身体の老廃物を出すのを助け、根は特に重金属の排出を促すのによいと考えられている。中医学からいえばゴボウは清熱解毒 風邪の原因でのどが痛い時よくつかいます。

主作用
■洗浄作用
■穏やかな利尿作用           
■抗生作用
■防腐作用

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ