update:2012年4月6日 最終更新日:2012年4月6日

花粉症の食生活改善法 その一

※効果や感じ方は人によって異なります

花粉症の体質の人には、いくつかの共通点があります。

たとえば、身体の中に水がたまっているという体質です。
この体質を作る、最も大きな要素が日常の食事です。
つまり、たとえば明らかに油物が多すぎるといった、偏った食事が、心と体質に影響して、花粉症になりやすい体質を作るのです。

このように、体質というものは、食事によって、ここまで変化するのです。
逆にいえば、毎日の食事を改善することによって、体質はいくらでも良くすることができるということです。毎日の食事によって、花粉症にならない体質を作りましょう。

原則的に、身体を温める食品、水の代謝を良くする食品、気持ちをリラックスさせるような食品、不安をやわらげるような食品をとりましょう。
体質や症状はいくつか組み合わさっているのが普通ですから、自分の中心となる体質や気持ちの改善に効果のあるものを基本的に組み合わせて選び、自分の体質に合ったものにしましょう。

その一つのポイントとして、食事の後に、気分が良くて、身体が温まり、気持ちがくつろぐようでしたら、食したものが自分に適しているということです。
いくら良いものを食しても、おいしかっただけで、お腹が張りすぎて、気分が悪くなってしまっては、身体にとっては、食べすぎという害になってしまいます。

以上のことから、栄養とは何を食するかの前に、いつ何を、どのように食べるかということが大切なのです。
昔から言われていることですが、お腹がすいたときに、自分の身体に適したものを、感謝の気持ちで、自分に適した量をよくかんで食べるということです。

毎日の食事は、偏った体質を改善する最高の良薬となるでしょう。

次は、体質別に適した食材を紹介していきます。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分