update:2012年4月9日 最終更新日:2012年4月9日

中医学による機能性頭痛の分析⑨

※効果や感じ方は人によって異なります

また、経絡と頭は密接な関係があります。

手の三陽経はみんな手から始発して頭に着き、足の三陽経は頭から出発して足に着きます。
また手足の三陰経の経別も頭とつながっています。
特に陽経経脈が直接、頭顔面部を循行しているため、頭部は諸陽の会、清陽の府と呼ばれています。

このように、頭部は十二経脈と奇経八脈では督脈、任脈と関係が深く、五臓六腑の状態はいずれも頭部に影響を及ぼすのです。

また、脳は髄が集まってできているので髄海とも呼ばれ、肝・腎の精血および脾胃の運化、昇清による気血が送られることによって、養われています。
ですから、特に内傷頭痛の病因病理は、肝・腎・脾と密接な関係があるといえます。
内傷頭痛は、虚実が挟雑しており、また2種類あるいは3種類の証候を同時に持っていることもあり、標・本を見分けて、病態に応じた治療を施す必要があります。
しかし、証に基づいて、一人一人的確な治療を施せば慢性頭痛は必ず改善されるといっても過言ではないのです。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分