update:2012年4月7日 最終更新日:2017年8月9日

中医学による機能性頭痛の分析⑥

※効果や感じ方は人によって異なります

さて、ストレスが心身に影響して身体の機能が亢進すると、身体内に多量の熱が発生し、陽気が必要量を超過すると温熱が過度となってしまいます。
自動車の走るという機能が増加すればするほど、熱が発生するのと同じです。
そのため、自動車はラジエーターなどでオーバーヒートしないように冷やしているのです。

人体も同じように心身の機能、すなわち陽の亢進によって熱が発生しますが、その機能を養う物質、すなわち身体内の陰液(血・水)によって、熱を冷やしているのです。
しかし、機能が亢進しすぎると、陽気が必要以上に増加します。
この過度な陽気を中医学では、気有余ならば即ち火と形容しています。
甚だしい心労、恐れ、考えすぎなどは心火を生じさせ、激しい怒りや長期の抑鬱は肝を傷つけ肝火を発生させるのです。

このように身体の中で生じた火は、自然現象と同じように、炎上の性質をもっており、人体上部へ燃え上がり、頭部の症状を引き起こすのです。
ストレスによる肝気の鬱滞は、長期化すると化火しやすく、肝鬱化火となります。
そして、肝火が発生して燃え上がると肝火上炎証となります。
この肝火が頭痛を引き起こすのです。
肝火による頭痛は、激しい痛みが特徴で主に頭頂部に起こります。
肝胆は表裏関係にあるために、肝火は胆火を誘って上炎することが多く、側頭部の頭痛を同時に引き起こすことがあります。
随伴症状として、顔面の紅潮、目の充血、口が苦い、イライラする、ささいなことで逆上するなどの症状があります。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分