update:2012年4月10日 最終更新日:2017年8月9日

中医学による不眠症の分析⑫

※効果や感じ方は人によって異なります

不眠症の患者様の症例を、別途、「こんな患者さんが来られています。」に掲載しています。
下記をクリックして、ご覧下さい。

「こんな患者さんが来られています。」

結語
精神的なものが不眠に与える影響は大きい。
同じ事象や現象を受けたとしても、その人の受け取り方や心の幅によって体に与える影響もずいぶんと異なる。そのため疾病の発生や発展、変化の仕方はそれぞれ異なり、同じ不眠という症状でも病理の発生や変化の仕方によって、証候というものは一人一人異なる。七情が五臓の生理機能を傷害するかどうかは(心動ぜば五臓六腑みな揺らぐ)心により決定される。
すなわち精神的刺激をどのように(プラスかマイナスか)受け止めるかによって決まると言える。
不眠症の人を不眠から脱却させるには自分でその状態を直視できるようにならなければならないが、そこまで導く前に、まず眠れないことの苦しみに対する深い共感と、親身な同情をもち、お互いの心を開いて信頼関係を築くことが大切である。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分