update:2012年4月7日 最終更新日:2012年4月7日

誰でも出来る簡単な呼吸改善法④

※効果や感じ方は人によって異なります

呼吸に表れる性質

安定型:
吐く息が長く、ゆったりとしていて、吸う息が軽く、自然にはいってくる呼吸。
意識して息を長く吐き出せば、息が遠くまで流れるように、滑らかに吐き出され、自然と気持ちが良くなる呼吸型。

このような呼吸型は、無理やくせが無く、安定した穏やかな心を保つことができます。

不安型:
吸う息が長く、吸う息に力が必要以上にかかっています。
そして、吐く息が短いのです。
吸う息に力が入っている状態は、不安や悲しみを表しています。
このような呼吸型が無意識のうちに、くせづいていますので、不安や悲しみの心理状態となります。

嫌悪の激しい型:
吐く息の長さが時によって変化します。
長く吐ける時は、安定していますが、長く吐き出せない時は、
不安定な心理状態となります。
また、常に吸う息のほうに力が入りすぎています。
以上のような、呼吸型が無意識のうちにくせづいていますので、感情の起伏が激しく、怒りとなりやすいのです。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ