update:2012年4月6日 最終更新日:2017年8月9日

誰でも出来る簡単な呼吸改善法③

※効果や感じ方は人によって異なります

動的刺激を求めているとき、つまり身体を動かしたいときは動き続けましょう。考えるいとまもなく動きつづけましょう。
そうしたら呼吸のリズムが変わります。
呼吸のリズムが変わるから気分が変わるのです。

動きを加える方が心は整えやすいのです。
場所を移動したり、環境を変えたり、しばらく別のことをしたりすると気分が変わるのは呼吸のリズムが変わるからです。
つまり呼吸の癖が変わるからなのです。
癖は気づかぬ間に身についているものです。
だから無意識に身についた癖を治すために意識的に正しい呼吸のリズムをつける練習をするのです。
嫌なことがあってもそれを喜んでいる時の呼吸で受け止めれば、落ち込んだり体調を崩したり、また人を恨んで自分の心と体を傷づけることはありません。

この喜んでいる時の呼吸の代表が笑いの呼吸、笑っているときの呼吸です。笑っているときは、息を深く吐き出していますね。
息を深く吐き出すと楽しい気分になれるのです。
逆に泣いている時の呼吸はどうでしょうか。短く細く吸っていますね。
息を細かく吸っていると緊張したり悲しくなってきます。
このように呼吸が与える精神的影響に、私たちは皆、あまり気が付いていません。
何故なら呼吸は生きるため必要な、当たり前のことだからでしょう。

しかし、大切なことはどんな呼吸のリズムを奏でるかということです。
音楽はリズムによって楽しくなったり悲しくなったり曲のイメージは変わるものです。
呼吸のリズムによって私達は気持ちの状態を演奏しているのです。
気持ちを合わせるということは呼吸を合わせることです。

どんな呼吸をしているかはどんな心の持ち方や構えかたをしているかにつながるといえるでしょう。
息が合うとお互いに気持ちがよく親近感を感じるものです。
ピッチャーが投げてくるボールにバッターが合わせて振るように、人生の中で、誰がどんなボールを投げてきてもこちらから呼吸を合わせてゆけば、うまくいくでしょう!

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分