update:2012年4月5日 最終更新日:2012年4月5日

中医学による不眠症の分析⑥

※効果や感じ方は人によって異なります

一.中医学の視点からみた不眠タイプと治し方

不眠の病因・病理は次の5つのタイプに分けて考えられる

① 肝鬱化火による不眠
② 痰熱による不眠
③ 心脾両虚による不眠
④ 心腎不交による不眠
⑤ 心胆気虚による不眠

①肝鬱化火による不眠

長期にわたり感情を抑圧したり、悩んだり、怒りの感情を持ち続けると、肝の条達が失調し、肝気は鬱して通暢しなくなる。
肝気が鬱した状態が長期化し、この状態が改善されないと、肝気は火と化しやすい。
火の性質は上炎であるため頭部を上擾し、心神を乱し、心神不安を引き起こし、不眠を生じさせる。

症状:
いらいらしやすく又情緒が激しく変動しやすい。時に頭暈頭痛を伴う。目が赤い、口苦、喉が渇いて冷たい物を飲みたがる、などが全般して見られる。尿黄、便秘。
舌質は紅、舌質は黄
脈は弦、やや数

治法:疏肝瀉火、寧心安心
処方:肝喩、行間、足竅陰、神門、風池。

方義:
肝兪で泄火、行間で平肝をはかる。足竅陰は点刺出血を施すことで、降火して除煩することができる。さらに神門によって安神をはかる。風池は局所取穴に属し、頭痛・めまいなどの症状に効果がある。

②痰熱による不眠

痰熱の発生はまず湿の発生に始まる。過剰な飲食(脂っこいもの、甘いもの、味の濃いもの、冷たいもの、飲酒)、季節の影響(梅雨や高湿度)などにより、胃の受納や脾の運化機能が失調し、食物が胃腸に停滞し、消化できなくなると湿を発生する。
湿が凝集したものが痰であり、湿も痰も陰に属し、動きが鈍く一箇所にずっととまって停滞する。停滞が長引くと、痰は熱に変わりやすく、熱の性質によって、痰と熱がいっしょになって上昇して、心神を犯して不眠を生じさせる。

症状:
痰が多い、胸悶感がある、心煩、呑酸、吐き気、口苦、口臭、頭重、めまい
舌苔は厚膩で黄
脈は弦、滑、数

治法:清熱化痰、和胃安神
処方:中脘、豊隆、内関、厲兌、少府、陰白

方義:
中脘は胃の募穴であり、足陽明胃経の経絡である豊隆と配合して和胃化痰をはかる。内関は手厥陰心包経の穴で陰維脈に通じ、和胃・安神をはかることができる。陰白は脾経の井穴であり、厲兌は胃経の井穴で、瀉熱安神の作用を持つ、少府は心経の穴で清心導火の作用を持つ。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分