update:2013年12月24日 最終更新日:2018年12月6日

神経痛 - 首、肩、腰の頑固で治らない「しびれ・痛み」

手足や首・肩・腰以外の神経痛でお悩みの方はコチラ

こんなお悩みありませんか

  • 手足の痛み・しびれが、どこに行っても治らない。
  • レントゲンでは悪くないと言われたが、手足の痛み・しびれが取れない。
  • パソコン業務で首肩の凝りがひどく、最近、手指までしびれるようになった。
  • 机に座り前かがみの姿勢が多いので、とても肩がこり、背中が痛い。
  • 随分前から指がしびれて力が入りにくく、次第にしびれがひどくなっている。
  • 頸椎症と診断された。首から上腕、手指の痛み・しびれが薬を飲んでも改善されない。

神経痛の原因と分析
首・肩・腰の痛みやしびれについて

なぜ当院では首、肩、腰の頑固で治らない「しびれ・痛み」を改善できるのか?

首・肩・腰の痛みで悩んでいる方は、近年特に多く見られるようになりました。
首の疾患は、肩から腕、そして手先までの、痛みやしびれに繋がります。
腰の疾患は足の痛みやしびれに繋がります。
首や腰が原因で、手や足の痛みやしびれを持つ人が急激に増加しています。

首、肩、手先の痛みやしびれの一番多い原因としては、テレビやパソコンに向かって、一日中椅子に座っていることによるものや家事や仕事など同じ姿勢でいることです。

テレビやパソコンなどをずっと見ていることで眼精疲労を引き起こし、家事や仕事などずっと同じ姿勢でいると腰・肩・首の凝りを引き起こします。

長い時間仕事を続けていると、首や肩の緊張はだんだん強くなっていきます。
そして、肉体的な疲労や精神的な疲労も溜まっていきます。

免疫力の低下を引き起こします

疲労が溜まると一時的に免疫力は上がるのですが、肉体的な疲労や精神的な疲労がピークに達してくると「ハンスセリエ博士の法則」にもあるように、一挙に免疫力は低下します。

免疫力が低下すると風邪を引きやすくなります。さらにイライラしたり集中力がなくなってきたりします。それでも身体の強い人はがんばり続けます。

気づかない間に、筋肉の疲労や緊張はピークに達しています

20130220034entry_img_l

体力のある方は、疲労に気がつかない間に、実は筋肉の疲労や緊張はピークに達していきます

ピークに溜まった筋肉の疲労や緊張は、首から出る神経や血管をしめつけ、神経圧迫や血流障害を引き起こします。それにより首・肩の痛みや、上腕・手のしびれを引き起こすのです。

そして、上半身のこれらの緊張は、腰にも影響し腰の痛みを引き起こします。

腰部や足の痛みやしびれの原因

腰部や下肢の痛み・しびれは、首・肩・腕・手先の痛みやしびれと密接に関係しています。

過労や不自然な姿勢を続けていると関節の動きも引っかかりを起こし、骨盤の歪みや関節の捻れを引き起こします。

睡眠不足も関係します

nebusoku1

仕事の無理や過労・睡眠や運動不足が重なると、腰部の筋肉に疲労が溜まっていきます。

睡眠中にはノンレム睡眠を繰り返しながら、脳の情報の整理や傷ついた筋肉や内臓、身体の修復を行います

睡眠が短いと、それらの疲労や修復を充分回復することが出来なくなるのです。

ですから、集中力がなくなったり、身体がだるくなったり体調が十分でなくなります。
さらに忙しさのために散歩や運動をする余裕もなくなっていきます。

運動不足は腰部や足の筋力を低下させます

運動不足は筋力を低下させます。

低下した筋肉は、体重や様々な動きに対応しきれず、腰部に負担を与えます。
そして、腰部の深層まで筋肉は緊張し、炎症を引き起こすのです。

これによって腰部の神経圧迫や血流障害を引き起こし、腰や下肢の痛み・しびれに繋がるのです。
さらに、腰部の緊張は、骨盤や関節の捻れを引き起こします。

骨盤の歪みは、背中や首の骨の捻れを引き起こします。
骨の捻れが痛みを引き起こすのです。
足、腰、背中、首、肩は繋がっていますので、腰の疾患は首に、首の疾患は腰の疾患に繋がっていく所以です。

痛みやしびれがコンディションを悪化させます

04

これらの痛みやしびれは体調そのものに影響し、コンディションの悪化を引き起こします。
コンディションが悪くなると次第に自然回復能力も低下しなかなか回復できなくなるわけです。

精神的負担も増加し、ストレスで気分がイライラする、やる気がなくなる、集中力の低下等を引き起こします。頑張ろうと思っても、思いとは裏腹に心と身体は悲鳴を上げるのです。仕事に集中できず、イライラしてたまの休日にもくつろげず、面白くなくなります。

イライラする、集中力がなくなる、など精神的ストレスが増加し、筋肉の凝りや緊張がピークに達し、かつ不眠や胃腸障害などコンディションも相当悪くなった状態で初めて来院されます。

しかし大体の方は、疲労が溜まっていることには気がついていません。

当院の治療方針を見る

はらだ鍼灸整骨院 院長 原田浩一

はらだ鍼灸整骨院
院長 原田浩一

「神経痛」は
原田鍼灸整骨 院長 原田浩一が書きました

鍼灸師・柔整師・カイロブラクター・サイコセラピスト

(財)東洋医学手技療法師協会認定プロ養成講師

  • 平涼医学高等学校(中国)客員教授
  • 大阪中医学研究会主宰
  • 中国刺絡学会最高顧問
  • 日本心理センター認定サイコセラピスト(理事長 立木 寅雄氏)
  • 近畿療術師会連絡協議会認定カイロブラクター
詳しいプロフィールを見る
ご予約・お問い合わせはこちら