update:2013年12月24日 最終更新日:2018年10月2日

首(むち打ち等)

首の痛み - 大阪豊中市 原田鍼灸整骨院

原因と分析
治療方針
来院目安
患者様の声

首(むちうち等)とは?(原因と分析)

首から肩・上肢の痛み、痺れについて

むちうち2.jpg

上肢の痛みや痺れは、むち打ち症によっても引き起こされることがあります。
激しい衝撃により、頸椎の捻挫や炎症、強い筋緊張が引き起こされます。

そのため、首から上肢に向かう血流が障害されたり、神経が圧迫されたりして、痛みが引き起こされます。

頭重感や頭痛、首や肩の凝りが引き起こされます

車などの事故でむち打ち症を起こした後、頭痛や頭重、頚部屋肩の凝り感が長く続くことがあります。他にフラツキ感や、思考力の低下、眼がぼやける、疲れやすいなどの様々な症状が一緒に起こることがあります。

首だけで無く全身の骨格や筋肉に影響を与えます

むち打ちは頸部の捻挫だけでなく、全身の骨格に影響を及ぼします。激しい衝撃により、骨盤の歪み、足部や下腿部の捻れを引き起こし、脊柱の歪みや頸椎の捻れを引き起こします。したがって、全身の筋肉や骨のアンバランスにより、慢性的な症状に繋がっていくのです。ですから、首や痛いところだけを治せばいいというものではないのです。
原因と分析
治療方針
来院目安
患者様の声

首(むち打ち等)の痛みやしびれの治療方針

_MG_1010

急性期の対応は、固定、冷やす、安静などですが、急性期の炎症後は積極的に筋肉を緩め、血行改善を計り全身的に歪みを整えていきます。

鍼灸治療を施し、首や肩の痛み、肩背部及び腰の緊張を和らげていきます。なぜなら、脊柱は一つに繋がっており、首が悪ければ必ず腰にも影響し、肩背部にも影響します。腰から首までを一つのつながりとして見ていくのです。

鍼灸治療は、強い筋緊張でも即座に取り除くことができ、痛みや痺れ、凝りに対して、どんな治療にも勝ると言えるほどの絶大な効果を持っています。

首や肩、肩背部、腰一つ一つの筋肉に対して丁寧に治療を施していきます。
鍼灸治療の響きは痛みや痺れを緩和するもので、とても心地よいもので、最も積極的な治療であると言えるのです。
さらに、足部や下腿部及び骨盤を調整し、脊柱や首の捻れを整えて正常なバランスを取り戻します。

鍼灸治療と並行して骨盤や脊柱を調整することで、最速でむち打ち症は改善されていくのです。

むち打ち症は心理的なものも影響します

c895c413

むち打ち症は、「自分は悪くないのに、~のためにこんなにされた」という被害者意識を持ちやすく、その被害者意識がストレスとなって自律神経系を介し、血管を収縮させ血行を悪くし、その結果筋肉は栄養されずに、絶えずこわばるのです。そのことで悩むことが、さらにストレスとなって、悪循環となるのです。
当院では、心のケアを何より大切に考え、痛みや悩みを丁寧にお聞きし、不安や苦しみを軽減するために鍼灸治療や心理療法を施します。

むち打ち症は当院にお任せ下さい

_MG_1209

むち打ち症は、首の痛みや頭重感、腕及び手指の神経痛、しびれなどが起こります。
長い間、同じような症状が繰り返されるのが特徴です。

「もう治らない」と諦めないでください。実際に、首の骨にはレントゲンでは異常なくても、身体の歪みが、骨盤や脊椎全体に及んでいるケースがとても多いのです。それらのケースは、みな「異常なし」として見逃されているのです。

鍼灸治療と骨盤・脊柱矯正で、筋肉や関節の痛みを取り除き、かつ骨盤・脊柱の歪みを改善すると、必ずと言っていいほど改善するのです。

むち打ちは心的要素も多いので、カウンセリング及び鍼灸治療で心の不安を取り除くことを常に心がけております。
簡単に諦めないでください。
原因のない結果はないのです。
どうか、頑固な症状も当院にお任せ下さい。

原因と分析
治療方針
来院目安
患者様の声

首(むち打ち等)の来院目安

痛みの度合いにも異なりますが、大体5回程度の来院で改善する方がほとんどです。
痺れは痛みの治療より、もう少し期間を要します。
また痺れについては長く放置するほど治療に要する期間も長くなる傾向がありますので早めのご来院をお勧め致します。

 

原因と分析
治療方針
来院目安
患者様の声

患者様の声

患者様のお声( OJ、54歳♂ 、グラフィックデザイナー  )

左の首から肩、上腕外側にかけてのしびれと痛だるさが治りました。

※効果や感じ方は人によって異なります

●症状

・左の首から肩、上腕外側にかけてのしびれと痛だるさ。
・気持ちがイライラし何事にも集中できない。
・就寝中に症状で目が覚める。
・鎮静剤や温湿布も全く効果が無い。
 以前はこの症状は2日ほどで治まっていたが、今回は1週間継続したため受診した。

●受診

a_thumb.png こちらを選んだ理由は、以前坐骨神経痛で整形外科に掛かった時の対症療法にがっかりしたことと、体の深くにまで直接働きかけてくれそうな鍼灸に興味があったからだ。ネットを利用し服部駅に複数の鍼灸整骨院を見つけたが、「中医学」を標榜されているのはこちらだけであった。また、治療費も他とは差があった。中途半端な判断で症状を長引かせたくなかったので賭けてみた。

●診断

 肩の筋肉の蓄積した凝りによる張りが、神経を圧迫ししびれや痛みが発生。加えて軽い五十肩と骨盤の歪みがあり、それらが相まって体が悲鳴を上げているとのこと。これまで肩こりとは無縁だと思っていたが、言われてみて思い当たる事がある。左肩が右に比べ上がっている。首を左側や後ろへ倒すと肩や背中が痛む(この痛みは週に一回筋トレのためジムへ通っていいるので筋肉痛だろうと思っていた)。首が前に出ている。右の足の付け根が痛む事がある。O脚気味で靴のヒールの減りが外側だけ…等々。
 症状以外にも体質や気質にも言及して頂いた。触診や視診だけでそんな事まで解るのかと感心する。O脚を直す足の使い方もご指導頂いた。

●施術

 1回30~60分の鍼と約20分のマッサージおよび整体のセットを週2回約3週間していただいた。その後肩の違う部位からの神経痛が発火してからは1回60~90分の鍼を週3回(全力治療)約2週間受けた。
 だるさや痺れている部分を伝えていないのにピンポイントでそこに鍼を打ってくださる。鍼を入れてもらった後の患部の痛みは凝りの酷さに比例し、凝りが治まるに従って痛みはなくなり、今まで手の届かなかった患部をほぐされている感覚が大きくなる。施術後数時間経ってから訪れる患部の開放感は施術中の痛みを何故か忘れさせてくれる。院長は「凝りが次第に浮いてくる」と仰っていたがまさにそのような感覚であった。
 整体は各人個別のカルテ(整体表)を確認しながらの施術なのでミスがなく的確だ。自分自身の筋力を利用したものなので体に対して無理がなく、骨盤の歪みによる体幹や首を回した時の痛みが次第に取れていくのが実感できる。「不思議!」のひとこと。

●術後の経過

 施術していただく毎に上腕から肩にかけてのしびれ・痛みが次第に収まり、3回目の施術後には肩の開放感を実感できた。院長からは自身の体が鍼に対して感度が良いと仰って頂いた。
 4回目後はしびれ・痛みをほとんど感じなくなった。体調はすこぶる快調で集中力が戻ってきた。以後の仕上げ段階で首を回した時の軽い痛みを取る段取りとなる予定だったが、6回目の後、首から背中にかけ筋肉の張りと神経痛が再び出現。当初の症状とほぼ同じであった。5回目後は9割方快復した実感があったので、ショックであった。
 院長の所見は当初とは違う部位からの症状との事。確かにしびれ・痛みはほぼ無くなっていたが、首を倒すと背中や肩に痛みは残っていた。積年の凝りが早々簡単には取れるものではないと院長に諭される。また、症状が肩に出たら腰にも異常が現れるものだそうだ。私の場合は右腰前部の凝り・だるさに出ていた。よって、浮いてきた凝りを淡々と取り除きつつ、同時に根本治療(全身治療)によって神経痛の出にくい体質に変えていくという今後の治療方針が示された。凝りを放置し、痛みを対症療法に頼ってきた自らの不精を再認識し、気を取り直して治療に向かう事にする。
 いつ治まるやもしれない痛みに耐えながら、萎える気持ちをなんとか誤魔化しつつ、通院が続いた。全身の血流を促進し、体温を上げ、凝りが溜まりにくい体質にしていく。私の場合は下半身が冷えやすいそうだ。百会(頭頂部)から太衝(足先)まで隈無く鍼を打っていただく。この間の施術は整体はなく、体勢を横→俯せ→仰向きと変えながらの鍼治療であった。施術毎に両方の部位が快方に向かっているのがわかる。ただ、それは決して劇的なものではない。対症療法に慣れた脳はすぐに治療効果が現れる事をつい期待してしまうが、根本治療(原因療法)とはそういうものではないことを身を以て知った。つらくはあったが、その先にある痛みのない幸福な体を心から願い、数千年の歴史を経て発展してきた治療方法と院長の手技を信じて、身を任せるしか方法はないと覚悟をし耐えた。ここで逃げては元も子もないのである。
 通院12回目のあとに、ようやく煩わしいしつこい痛みがなくなった。首を回しても倒しても痛みがなくなった。こころから幸せを感じる。あとはつかえた感じがなくなれば今回の目標地点だ。約1ヶ月の道程であったが、これまでの長い放置期間を思えば吃驚するべき速さというべきだろう。痛みやだるさは人の心を殺伐とさせる。必要最低限の欲求しかなくなり、心から生活・人生を楽しむことができない。これからは今のメンテナンスされた体力・気力を10年後も維持できているように、しっかりと体調管理に努めたい。

●その他の効果

・体温が少し上がったような温い感じやリラックス感が体全体にずっとある。
・両掌から熱が発せられるのを感じるようになった。
・患部側の腕に力が入りやすくなった。以前は何か引っかかるような違和感があった。 
・視界が広くなった。特に患部側の眼がクリアになった。眼鏡の度がやや強くなったように感じる。
・就寝時の足の冷えがなくなった。眠りが深く長い。
・胸を張ると痛みが和らぐので自然と姿勢が良くなる。
・右腰前部の凝り・だるさが軽減した。
・イライラすることが減った。
・気力が充実する。

●謝辞

 職業柄、通院の時間が取りにくい事情をお察しくださり、朝早くから施術をしていただきましたこと、本当に感謝しています。院長先生の素晴らしい手技もさることながら、その温和な語り口とスタッフのふるもとさんのやさしいお声掛け、さらに院内に流れる懐かしい音楽にとても癒やされました。施術後はいつも生まれ変わったような気分で出社していました。これからも、事あるごとにお世話になると思います。今後ともよろしくお願いいたします。
 貴院の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。本当にありがとうございました。

●おまけ(良い鍼灸院の選び方)

 鍼灸院をネットで検索中に見つけた、ある鍼灸師の方の「鍼灸院の選び方」です。独断的ですが中々的を射ているので紹介する。
一、 通いやすいところを探すべし。
鍼灸治療の基本は長くつき合う事。よって、ちょっとしたことでも気軽に行ける場所にある事が大事。
一、 「本のにおい」のしないような所は避けるべし。
先生が多くの本を読んで、様々な知識を後ろ盾にしている勉強家であること。
一、 最近開業したところや、経験の浅い鍼灸師は避けるべし。
鍼灸の本物の知識や技術は、日々の真剣な臨床経験の中で裏づけされ身についていくものである。
一、 決め手は口コミ。
イメージ先行のウェブサイト、ミニコミ誌の広告や新聞の折込チラシを多く出しているところは『うちの治療院は患者が少なくて儲かってません』と、宣伝しているようなものである。
 以上。
 最寄り駅が服部である者にとって、ここ「原田鍼灸整骨院」がいかに優れた存在であるのかがわかるというものである。

患者様の声1
患者様の声2

※効果や感じ方は人によって異なります

    はらだ鍼灸整骨院 院長 原田浩一

    はらだ鍼灸整骨院
    院長 原田浩一

    「首(むち打ち等)」は
    原田鍼灸整骨 院長 原田浩一が書きました

    鍼灸師・柔整師・カイロブラクター・サイコセラピスト

    (財)東洋医学手技療法師協会認定プロ養成講師

    • 平涼医学高等学校(中国)客員教授
    • 大阪中医学研究会主宰
    • 中国刺絡学会最高顧問
    • 日本心理センター認定サイコセラピスト(理事長 立木 寅雄氏)
    • 近畿療術師会連絡協議会認定カイロブラクター
    詳しいプロフィールを見る
    お気軽にお電話ください 06-6864-3381

    当院の治療方針を知ってください。当院の治療方針を知ってください。

    他で治らないような症状や疾病が当院で何故治るのか?
    本気で症状を改善したい方へ
    痛みやしびれが改善できる当院の治療の流れ
    電話予約の流れ
    大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
    大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 服部天神駅徒歩3分
    診療時間
    06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
    初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
    大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
    阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分