顎関節症の症状と原因

筆者
はらだ鍼灸整骨院 院長 原田浩一

詳しいプロフィールを見る

顎関節症の症状

1.顎が痛む

顎関節及び周辺の頬やこめかみの痛み、口の開け閉め、食べ物を噛むときなど顎を動かしたときに痛むのが特徴です。

顎関節症になると口が大きく開けられなくなります。
多くの場合、口を開けようとすると、痛みのある側に顎が引っ張られるため、口が曲がります。

2.口が大きく開けられない

正常な人は縦に指4本入りますが、指が2本程度、もしくはそれ以下しか入らなくなります。
痛みによってあけられなくなった場合と、関節の軸の動きが物理的に抑えられて、あけにくくなる場合があります。
大きく開けるとガクンガクンと2段階にずれる場合もあります。

3.顎を動かすと音がする

顎の開け閉めで、耳の前辺りでカクンカクンという音がします。
他に、じゃりじゃり、ミシミシ、ざらざらとこすれるような音がすることもあります。

4.かみ合わせに違和感がある

顎の関節や筋肉に問題があると、顎の動きに変化が生じてかみ合わせが変わることがあります。

顎関節症の原因は・・・・・・?

顎関節症の原因には色々あり、精神的ストレスや疲労を蓄積させる生活習慣、かみ合わせの異常などが上げられます。
労働やストレスにより首や肩がこるなどの肉体疲労を引き起こし、更に精神疲労がくわわると、緊張感がちくせきされ、歯ぎしりや食いしばりを引き起こします。歯ぎしりや食いしばりにより、顎の周りの筋肉(咀嚼筋)が緊張して、顎関節症を引き起こします。

1.精神的ストレス

精神的ストレスは、顎の下にある前頸筋群の緊張をもたらします。前頸筋群は、顎の下から肩甲骨、乳様突起にも付着しています。精神的なストレスに対比してこれらの筋群は緊張を引き起こしやすいのです。ですから口を開けたり閉めたりする運動は肩がこるだけでも影響を受けるのです。

2.疲労を蓄積させた生活習慣

口の開口や閉口に加わる筋肉、咀嚼筋は、疲労が溜まりやすく、緊張しやすくなります。
緊張すると、閉口筋は強いので、力の弱い開口筋には負担がかかります。炎症を引き起こし、開口しようとすると痛みを生じるようになります。

3.噛み合わせの異常

私たちには物を噛むとき、それぞれの癖があります。

口を大きく開けて噛みきるときは、開口だけですむのですが、ものを咀嚼するとき、かみ砕くときは、下あごが、前後左右にゆれることが必要なのです。
かみ癖があると複雑な動きが加わり顎関節にアンバランスな力が加わります。

また、どちらか一方で噛む癖があると、一方の筋肉が強くなり、下顎骨は強い方に引かれていくので、顎関節に歪みが生じやすくなります。

4.歯ぎしりや食いしばりによるもの

歯ぎしりや食いしばりの習慣があると、咀嚼筋に疲労が蓄積されると同時に、顎関節にも過剰な負担がかかります。

お気軽にお電話ください 06-6864-3381
電話予約の流れ
ご予約・お問い合わせはこちら