update:2014年3月10日 最終更新日:2018年2月14日

肩こり

katakori_key

原因と分析
治療方法
治療方針
来院目安
患者様の声
kata_buttom
kata_buttom_smart

肩こりの治療はお任せください!
肩こりとは?(原因と分析)

肩こりの経験がある方は90%以上に昇ります

CHTI030

肩がこる方は、とても多くいらっしゃいます。「肩こりの経験はありますか?」と尋ねると、当院では90%以上の方が肩こりを経験しているとおっしゃいます。さらに、肩こりの経験がないというかた方でも、触診すると肩がこっていることが多くあります。
このような方を含めると、98%の人が実際には肩こりを経験していることになります。
実は本当に肩がこってなく、肩こりの経験がない方は100人に1人か2人ぐらいのものなのです。

肩がこりすぎると、筋肉が木の根っこのように硬くなります。そして根が土の中に深く入っていくように肩こりも筋肉の奥深くまでこり込んでいきます。

肩こりは色々な症状を引き起こします

o0350023312758066524

肩こりが続くと、
「肩が鉛のように重い」
「首がセメントのように硬い」
「肩甲間部が焼けるように痛い」
などの症状が現れます。そして息が重苦しくなり、気分が悪くなったりします。

また、肩がこると目がしょぼしょぼしたり、目の奥が痛みます。
首が動かなくなるだけでなく、頭の回転も悪くなります。
胃腸が悪くなったり、食欲がなくなったりします。
さらに、足がつる、眠りが浅くなる、集中力がなくなったり等いろいろなことが起こってきます。
それは「肩、頭、首、背中、腰、足」が全て繋がっているからです。
また肩は内臓の諸器官とも繋がっています。

肩こりの原因

日常生活の身体の動かし方や姿勢、精神的なストレス等も皆、肩に影響します。
また内臓や組織が悪くても、肩に影響します。
身体全体の不調は、身体のどこかの部分に現れます。その中でも特に肩に症状が現れやすいのです。
つまり肩こりは、身体のどこかの不調を訴えてくれている大切なシグナルなのです。

例えば、日常の身体の動かし方や姿勢が悪いと、身体に歪みが生じ、筋肉は引っぱられたり緩んだりしてバランスを失い、その異常は肩に現れます。
精神的なストレスも、身体の中の気血の流れが悪くなり、肩こりを引き起こします。

単純に老化や運動不足でも肩こりが起こります。なぜなら背中の筋肉が硬くなり、伸びたまま固まって胸の筋肉が縮むからです。そして前屈みとなる姿勢が固定化される(いわゆる猫背の状態)と、慢性的な肩こりに発展します。
運動不足で筋力が低下すると、身体の指示能力が低下します。筋力の過不足やアンバランスは肩に影響を及ぼします。

肩こりは内臓疾患の重要なシグナルの場合もあります。

原因と分析
治療方法
治療方針
来院目安
患者様の声

肩こりの当院の治療方法

根本原因を取り除くと肩こりは改善します

04

肩こりを治すためには、肩だけではなく根本の原因に対して治療を施す必要があります。
肩こりの原因は、いくつも重複していることが多いのです。
例えば、姿勢が悪い、内臓の調子が不調、さらに精神的なストレスがある、等様々です。さらに、老化や運動不足が重なる。
考えてみてください、このように様々な原因が重なった肩こりが即座に改善すると思いますか。もしそのまま放置したらどうなると思いますか。
肩こりを放置すると、内臓機能にも衰えが生じます。精神的にも意欲が発揮できなくなります。免疫力が低下します。免疫力が低下すると病気になりやすくなります。
昔から、肩こりは万病の元と言われています。ですから身体のシグナルである肩こりの段階で治しておかないといけないのです。

たかが肩こり、されど肩こりなのです。

逆に肩がこらずにスッキリした状態を考えて下さい。目がはっきり見え、精神状態が穏やかで首、肩がスムーズに動き、呼吸が深く、心も身体も安定した状態です。そしてこれは免疫力が高く、健康な状態なのです。

肩こりは呼吸に影響し、生活力、精神力に影響します

mi6iR

肩こりは、呼吸に影響を及ぼします。
肩こりは、首や胸の呼吸筋が硬く緊張するため、呼吸が浅くなるのです。
呼吸が浅くなると、生活力・体力・内蔵機能・脳の働き・精神力が低下していきます。

<肩こりを放置すると思い通りの人生が送れなくなっている!!

肩こりを放置すると目に見えない形で日常生活に影響を及ぼし、思い通りの生活が、もっと言えば思い通りの人生が送れない状態を引き起こします。
肩がこりすぎると寝つきが悪くなり、眠りが浅くなります。深い眠りができないということは充足感も得られないし、身体も精神状態の疲労も充分回復しないということです。

原因と分析
治療方法
治療方針
来院目安
患者様の声

当院の肩こりの治療方針

根本原因を見逃しません

当院では肩こりを軽く見ていません。
肩こりを最重要なシグナルとして、その原因を詳しく調べ、徹底的に原因を追及し、治療していきます。
そして最終的に、体調そのものがよくなるようにもっていきます。

当院では体のコンディションを整えることが何より大切なことと考えています。体調が良ければ免疫力も上がります。極論になりますが癌にもかかりにくくなるということが言えます。なぜなら免疫力の低下が癌を引き起こすことは、近年研究が進み、現在医学の中でも証明されつつあるからです。

あらゆる角度から根本原因を見つけ出します

_MG_1205

治療方針として肩こりの原因を「姿勢、内臓、精神的ストレス、老化、運動不足、一過性の疲れ」等に分けていきます。
そして鍼灸治療で、精神的なストレス、内臓の働きを調整、そして全身の筋肉のこりをほぐしていきます。
足が疲れすぎて肩がこる場合、当然足の筋肉を調整します。
腰が痛くて背中が張って、肩、首がこるなら、それらを全てを治療していきます。

足や骨盤から治療します

_MG_1156

「肩こりなのに、何故足を触るのだろう・・・?」という疑問を持ちませんか。「べた足で長く立っているとそれだけでもすぐ疲れませんか。疲れたら肩がこるでしょう。あなたの足関節は内側アーチがつぶれてほとんど扁平足の状態です。肩こりの一番の原因は扁平足にあります。だから足から治療してゆくのです」と説明すると初めて納得されます。

「私、骨盤が歪んでいる気がするんです」と言う方も多くいらっしゃいます。骨盤は、前後傾のバランスを失ったり左右に回旋したりして、歪みや捻れを引き起こします。肩こりは骨盤の歪みやねじれの影響を受けます。だから当院では肩こりの治療に骨盤の矯正も行っているのです。

当院の矯正は無痛な上にソフトで著効があることで定評があります

精神的なものは肩こりの全ての原因に関係していると言えます

精神的なストレスは前屈みの姿勢を作ったり、うなだれたり、内臓機能の低下や老化を促進させます。私は肩こりには、精神的なストレスを解消する事に最も重点を置いています。だから問診でも精神的な状態を詳しくお聞きします。

心理カウンセラーとしてお聞きします

_MG_1020

ストレスの事についてお聞きすると、ストレスはありません、と答える方が多くおられます。しかし詳しくお聞きしている内に、たくさんのストレスを抱え込んでいることに気づかれます。
私は心理カウンセラーでもありますので、精神的なストレスをお聞きするのは得意です。
ストレスをはき出していただくと、それだけでも体は軽くなっていくのです。
私が心理カウンセラーを目指したのもそのためです。現在も心理学や哲学の勉強を続けているのは「あらゆる疾患の原因が心の持ち方に起因する」からです。

原因と分析
治療方法
治療方針
来院目安
患者様の声

肩こりの来院目安

肩こりは、初回より治療効果を発揮します。
まずは一度治療を受けて効果を実感してください。

また当院では根本的な原因の改善を理念としています。ですから一度治療に来ていただき効果を実感していただいた方には、肩こりの根本的な原因もご説明し、根本原因を解消する治療もご案内しています。改善するまでの期間は3回程度です。
肩こりの根本的な原因を解消することで、爽快なハッピーライフをお送りいただけると思います。

もちろんはじめは痛みをとることが肝心です。一度だけの来院でも効果を実感していただけますので、お気軽にお越しください。(当院は予約制ですので、初めての方もお電話でご予約をお願いしています。)

 

原因と分析
治療方法
治療方針
来院目安
患者様の声

患者様の声

1回の治療で挙上制限を取り除き、180度まで挙上出来るようになりました。

※効果や感じ方は人によって異なります

患者様
大阪府豊中市在住 男性K.Nさん 年齢37歳

主訴

四十肩による上腕の痛みと挙上制限
首、肩から上腕部にかけての痺れ

随伴症状

gojuukata01

首肩の凝り
肩背部の凝り
肩甲間部の痛み
腰の張りと腰痛

現病歴

数ヶ月前から左肩に痛みや違和感、凝りを感じていました。左上腕を高く挙げると、首肩に痛みが走り、耳に近づけることができません。首肩が凝り、酷くなると上腕部が痺れます。他の整骨院やマッサージ屋にお世話になっていましたが、効果はあまり感じることができず、諦めていましたが、ネットで検索して当院を見つけ、来院しました。

現象

左上腕挙上、150度から疼痛始まり170度以上挙上出来ません。
左肩背部が腫れて硬く盛り上がっています。筋肉の凝りと緊張は肩から肩背部、そして前胸部へと広範囲に続きます。三角筋が萎縮し、硬くなっています。首と特に左肩の筋緊張が強く、僧帽筋が盛り上がっています。

痛み、しびれの原因の分析

四十肩による上肢帯筋の筋緊張、特に左肩、左肩背部および前胸部にかけての広範囲の筋緊張が原因です。腰背部の筋緊張が著明で、疲労の積み重ねも原因の一つです。

治療方針

左肩、左肩背部および前胸部にかけての広範囲の筋緊張をひとまとめにして全体の緊張を和らげます。首と三角筋の緊張を取り除き、挙上制限を改善させます。さらに腰および肩背部の筋緊張を取り除き、回復力をアップさせます。疲労を取り除き、全身のコンディションを整えます。

当院での治療

左肩、左肩背部および前胸部にかけての広範囲の筋緊張を一鍼一鍼ていねいに取り除いていきました。さらに、三角筋の緊張を外・中・前の順に取り除いていきました。横向きの体位をとり、針麻酔(導通鍼)を行い、挙上制限を取り除きました。腰および肩背部、首、上腕にかけて、ていねいに筋緊張を取り除いていきました。

経過

1回の治療で挙上制限を取り除き、180度まで挙上出来るようになりました。2,3回目の治療で首肩腰の緊張の改善を行いました。4回目の治療で四十肩および肩から肩背部、そして前胸部に続く凝り緊張を完全に取り除く事ができました。四十肩および首肩の凝りの治療をいったん終了しました。三週間後、姿勢の歪みを矯正し、ベストコンディションに持っていく治療を行う予定です。

~四十肩と首、肩の凝り、緊張からくる上腕の痺れ~
〇手を挙げても痛みが無くなり、痺れも無くなりました。
20150120N.K01

※効果や感じ方は人によって異なります

    はらだ鍼灸整骨院 院長 原田浩一

    はらだ鍼灸整骨院
    院長 原田浩一

    「肩こり」は
    原田鍼灸整骨 院長 原田浩一が書きました

    鍼灸師・柔整師・カイロブラクター・サイコセラピスト

    (財)東洋医学手技療法師協会認定プロ養成講師

    • 平涼医学高等学校(中国)客員教授
    • 大阪中医学研究会主宰
    • 中国刺絡学会最高顧問
    • 日本心理センター認定サイコセラピスト(理事長 立木 寅雄氏)
    • 近畿療術師会連絡協議会認定カイロブラクター
    詳しいプロフィールを見る
    お気軽にお電話ください 06-6864-3381
    電話予約の流れ
    大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
    大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 服部天神駅徒歩3分
    診療時間
    06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
    初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
    大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
    阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分