update:2014年3月17日 最終更新日:2017年11月29日

心理カウンセリング

coun_keyvisual

鍼灸治療を経て、心理学を会得するようになったきっかけ

fuan

開業して5年ほど経ったころでしょうか、1日に来院する患者様もだんだん増加し、様々な疾患を持つ方々が訪れるようになりました。腰や膝、首、肩などの痛みだけでなく風邪や頭痛、胃腸障害などの患者様も多くなり、さらに更年期障害、自律神経失調症といった患者様も増加しました。
私は鍼灸治療に自信を持って開業したので、鍼灸が適用する患者様が増加し、やりがいを感じていました。そして、それらの疾患は私の得意な分野になっていました。

そんな折、不安や焦り、強迫観念を主訴に持った患者様が来院しました。一日中漠然とした不安があり、外出するときもガスの栓や電気のコンセントなどを何度も調べなければ気が済みません。その不安が自分でも非合理と思っているのですが、いくら大丈夫と思ってもその不安が次々とわき上がってきて、止めることができません。家を出るまでに何度も確かめ、出るまでに30分以上かかります。
こんなノイローゼの状態が3年以上続いています、ということでした。
いわゆるストレスや悩みが心に強く表れた状態で、神経症と言います。

他に頭痛や肩こり、不眠、胃腸障害などを伴っていました。肩こりや不眠や胃腸障害に対しては、鍼灸治療で対応すると改善出来ました。しかしその不安や葛藤、強迫観念を消し去ることはできません。

心の悩みを改善させることができたらどんなにいいだろう神経症(ノイローゼ)等の心の悩みを持つ患者様に対応するために

なんとかこの患者様の症状を改善したいという気持ちで、心理学の本を読みあさりました。また、本格的に心理学を学びたいと思い、色々な方々にお頼みしていました。
そんな折、当時沖道ヨガの顧問をされていた大阪の日本心理センター理事長・立木寅雄先生を紹介していただきました。立木先生は40年以上臨床に接し、心理療法に精通されていました。先生は私に快く心理学を教えることを承諾してくださいました。

心理療法を学ぶために、5年間和歌山に通う

wakayama

それから私は毎週土日を利用して、5年間和歌山まで通いました。日曜日は朝早くから夜遅くまで学ばせていただきました。その1年後、日本心理センター大阪吹田分室を任され、不安神経症や強迫神経症、てんかんヒステリー、抑鬱神経症等の心の病気も対処出来るようになりました。
全ての疾患に心のストレスや精神的なものが関与していると言っても過言ではありません。

心の病気に気づいたら
一人で悩まないで心の専門家に相談を

神経症と言う病気は、一般の心のストレスとは異なり、不安や強迫観念がずっと続き、抜け出そうとすればするほど、より深く入っていきます。
ありのままの自分を受け入れると言うことが最善の方法なのですが、逆にこだわり続けて、もがけばもがくほど症状は悪化していきます。そして気がついたら何年も経っているのです。同じ所をぐるぐるまわる堂々巡りのようなものです。

風邪をひくのと同じで、身体も病気になるように、心も病気になります。身体の病気を治すための病院があるように、心の病気を治すための専門家もたくさんいます。一人で悩まないで、専門家の門を叩いてください。

心理学を学んだおかげで、
現在では様々な疾患に応用できるようになりました

心理学を学んだおかげで、現在ではあらゆる疾患に応用できるようになりました。内科、婦人科、アレルギー、スポーツ分野など様々な疾患に対して、心の影響がどのように疾病に関わっているか、心の面からも対処出来るようになりました。

スポーツにおいても上達するためには心と身体のバランスが大切です。どんなスポーツにも試合や大会となれば不安や恐怖がつきまといます。それはオリンピックの選手でさえもプレッシャーは同じです。ですから近年はイメージトレーニング等の心理学を応用したメンタルトレーニングが本格的に取り入れられるようになりました。欧米では日本よりもかなり先行して取り入れ、成功を収めていました。

私は身体の面だけでなく、心の面からもアドバイスできるようになり、スポーツの分野においてもとてもプラスになりました。

鍼灸治療と併用することで画期的な改善ができます

gf1420277775l

鍼灸治療と併用することで、不安神経症や、抑鬱神経症、てんかんヒステリーなどの疾患が画期的に早く改善できるようになりました。
難しい症状は治療に1年以上かかる場合もありますが、神経症については平均4ヶ月ほどで改善でき、かつ再発しない根本改善ができるようになりました。

 

心理カウンセリングの患者様のお声

    論文 不眠治療の分析
    論文 不眠治療の分析
    はらだ鍼灸整骨院 院長 原田浩一

    はらだ鍼灸整骨院
    院長 原田浩一

    「心理カウンセリング」は
    原田鍼灸整骨 院長 原田浩一が書きました

    鍼灸師・柔整師・カイロブラクター・サイコセラピスト

    (財)東洋医学手技療法師協会認定プロ養成講師

    • 平涼医学高等学校(中国)客員教授
    • 大阪中医学研究会主宰
    • 中国刺絡学会最高顧問
    • 日本心理センター認定サイコセラピスト(理事長 立木 寅雄氏)
    • 近畿療術師会連絡協議会認定カイロブラクター
    詳しいプロフィールを見る
    お気軽にお電話ください 06-6864-3381
    電話予約の流れ
    大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
    大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 服部天神駅徒歩3分
    診療時間
    06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
    初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
    大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
    阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分