update:2018年12月5日 最終更新日:2019年1月16日

坐骨神経痛|当院の治療方針

はらだ鍼灸整骨院 院長 原田浩一

筆者
はらだ鍼灸整骨院 院長 原田浩一

詳しいプロフィールを見る

挫骨神経痛の治療法

_MG_1156

症状の原因を総合的に分析します。
様々な疾患が複合しているケースがよく見られるからです。

臨床の中では椎間板ヘルニアといった単一の疾患だけで無く、椎間板ヘルニアと腰椎の分離滑り症を併発しているケースや、梨状筋症候群と判断されるが、腰部変形性脊椎症も見受けられるケースなど、様々です。

これら全てのケースにおいて、腰臀部の筋肉に強い筋緊張や炎症が見られます。

更に、骨盤や足部、脊柱のねじれ等が神経圧迫や血流障害による痛みを引き起こします。

ですから、鍼灸治療や矯正を施すことは積極的かつ根本的な治療方法と言えます。

来院の目安

軽い疾患なら5~10回ほどで改善されます。

重症な神経痛でも、20回くらいの治療で痛みは必ずと言って良いほど軽減します。
特に重症なものは、完治までに6ヶ月以上かかるケースもあります。

症状の程度はなかなか判断できませんので、まずはお電話でご相談下さい。

※効果や感じ方は人によって異なります

お気軽にお電話ください 06-6864-3381
電話予約の流れ
大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分