患者様の病態分析

[テニス肘] 50歳 女性 K.Kさん

主訴

テニス肘

随伴症状

  • 首、肩のこり
  • 腰痛

現病歴

kansetsutsuu_hiji
テニスを6月から始めました。テニス歴は15年ですが、3年ほどやっていませんでした。また再び始めて2ヶ月になります。週2回90分プレーを行っていますが、8月の中頃より、右肘が痛み出しました。

ストローク、特にボレーをしたときに、右肘の内側部に激痛が走ります。右肘の外側部には、痛みを感じておりません。

整形外科を受診し、腱が傷んでいると言われました。痛み止めをくれましたが、全く効果がなく、プレーができない状態になったので、根本的に治さないと行けないと思いました。

ネットで当院を見て、詳しく分かりやすく説明されていたので、当院に来院しました。

現象

  • 肘を伸ばしたら、前腕の内側部が痛む
  • ドアを開け閉めすると、前腕の内側部が痛む
  • ボレーの動作をすると、前腕の内側部が痛む
  • 長掌筋、橈側手根屈筋、円回内筋、浅指屈筋を押圧すると、激しく痛む
  • 上腕二頭筋の下部を押圧すると、激しく痛む
  • 長短橈側手根伸筋腱を押圧すると、圧痛
  • 総指伸筋、小指伸筋、尺側手根伸筋、それぞれの筋溝に圧痛

傷病分析

  • 主に内側の痛みを訴えるが、肘を伸ばすと痛みが出るので、上腕も関与している。
  • 上腕二頭筋には肘を伸ばす及び手首を回内する働きがあり、ドアを開け閉めすると、痛むのはそのためである。
  • 外側の筋群も押圧すると圧痛があり、見逃してはならない。
  • 一番傷めているのは、内側部の筋群と上腕二頭筋下部である。

治療方針

428752
上腕二頭筋と前腕内側の筋群を丁寧に鍼でほぐしていく。浅層から中層、深層まで緊張や炎症を取り除いていく。

さらに併行して外側部の緊張や炎症も取り除いていく。

治療経過

第4回目の治療

痛みの強さに変化はありますか?
日常生活では全く痛みなし。ただし重い鍋等を持ったときに、痛みが少し出る。曲げて引き寄せるときに右肘内側の一箇所が痛む。
その他ご希望があれば、自由にお書き下さい
全身のメンテナンスもお願いします。

第5回目の治療

痛みの強さに変化はありますか?
日常生活での痛みは完全になくなりました。強い負荷をかけたとき、特に肘を曲げた状態で指に力を入れると痛みが出ます。

痛みをスコアで表すと治療前は10で、治療後の現在は2です。

第7回目の治療

痛みの強さに変化はありますか?
痛みはほぼ消失。ただし、強い負荷をかけたとき(曲げた肘内側を強く押す)に少しにぶい痛み
痛みをスコアで表すと、10→1

第8回目の治療

明日、テニスの練習をしたいのですが、よいですか?
練習中痛みが出たら、練習をストップするのを条件に許可。今日の治療で痛みは1→0になる可能性はあるが、もう一回待ったらいいですよ。やってみましょう、と言えるかなというのが現状。

私見

~50歳からスポーツを行う方を、応援します~

walking_woman
50歳でスポーツを行うことは大変です。一つは筋肉痛をおこしたり、怪我をしやすいということがあります。
また疲れが明日に持ち越すこともあります。マイナス面もありますが、プラスも大きいのです。

~スポーツを行うことのプラス面~

  • ストレス発散や心肺機能の向上、反射神経、筋肉の老化防止、瞬発力やスピードを養うことができます。
  • 老化を防止できるだけでなく、若返ることができます。セロトニンなどの有益な脳内ホルモンが促進され、ストレスが発散されます。

メンテは必要ですが、まだまだ筋力もアップし、選手も目指すことができます。

~運動前のアップと運動後のクールダウンが大切~

運動前のアップと運動後のクールダウンをしっかりやって、疲れを明日に残さないようにしましょう。

当院で開発したヨガリハビリ呼吸体操は、あらゆるスポーツのケアに最適なものです。

金曜日の夜、9時~10時半まで毎週やっているので、興味のある方は、どうか気軽にお越しください。
やってみて覚えてください。必ず役に立ちます。

公開日:2017年10月3日 更新日:2017年9月28日 ©