セミナー・イベント情報

8月のヨガ修養修行法

8月のヨガ修養修行法width=

ヨガの動きは、腰腹部特に臍下丹田を中心に行います。
丹田に意識を集めて息を吐き出すことによって、肩や首、上半身の力が抜けて、下半身に力がこもってくるようになります。
上虚下実の状態に持っていくことによって、身体の力を正常なバランスに整えていきます。

吐く息、呼吸に集中する、または吐き出される呼吸になりきったつもりで息を吐き出すことによって、頭の中がクリーンになってもやもやが解放されます。
繰り返し行うと、日ごろとらわれていたことや、気になっていたことや、計らいから解放されてきます。

8月のヨガ修養修行法

ヨガの目的は、執着心による心と体の束縛を解放し、和やかな心とやわらかい身体を取り戻します。
身体の中を流れる気血水の流れが、さらさらと流れる小川の水のように全身を流れていきます。

心と体があらゆる束縛から解放され、リラックスした状態になります。
ヨガのアサンスは、呼吸と動きと冥想から成り立っていますが、一番大切なのは冥想です。
冥想業法によって、囚われから解放され、物事を如実に見ることが出来るようになるのです。
事実を正しく見る目が養われていくのです。

囚われていては、偏った目で物事を見てしまいます。
冥想業法によって、ありのままに物事を見ることが出来るようになるのです。
そして事実を事実として受け取り、すべて必要なもので、良いものである。という解釈のもとに、仕事や日常生活そのものを教えとして受け取り、心を養っていきます。
ヨガは、自分に不都合なようなことも、感謝して全肯定の立場で受けとるのです。

このようにして平常心を養っていくのです。

早朝ヨガを初めて二か月になりますが、朝起きるのはしんどいけれど、ヨガは爽快です。
これからも続けていきます。

8月のヨガ修養修行法
5日(金)
12日(金)
19日(金)
26日(金)

※現在インターネットからの応募は受け付けておりません。

公開日:2016年8月1日 ©