カテゴリー別アーカイブ: 風邪の治し方教室

update:2012年3月25日 最終更新日:2012年3月25日

正しい風邪の治し方⑫

※効果や感じ方は人によって異なります

入浴についてお話致します。

表寒証の場合は、入浴は発汗を促し、体表を温めリラックスできるので可能です。
腰、足より入りよく温めて、最後に肩までぬくもって出るとよいでしょう。
表熱証の場合は、入浴は熱を誘発して体力を奪われやすいので、シャワーかごく短時間の入浴にとどめます。
表虚証の場合、長風呂は禁物です。汗が漏れ出て、体力が消耗します。カゼが治りかけたとき、入浴したためにまたカゼを引いてしまったというのは表(ひょう)衛(え)がまだ弱い状態だからです。
入浴は控えて、体表をあたたかくして、ゆっくりしているほうがよいのです。

さてこれまでカゼの引きはじめの対処法について見てきました。
大切なことは、タイプによって対処法が違うということなのです。
カゼのひきはじめの代表薬としては麻(ま)黄湯(おうとう)、桂(けい)枝(し)湯(とう)、銀翹散(ぎんぎょうさん)があります。麻黄湯は表寒証に、桂枝湯は表虚証に、銀翹散は表熱証に用います。しかし、日本では表寒証には麻黄湯の代わりに葛根湯がよく用いられています。

カゼのひきはじめに葛(かっ)根(こん)湯(とう)とよく言われますが、これは風寒の邪によって冷やされた身体を温めて発汗させ、病邪を追い払う薬です。
主薬の葛根は辛(しん)涼(りょう)解表(げひょう)薬(やく)なので、表熱証の初期にも用いることができます。
ですからとても便利なのです。しかし、葛根湯はどんなタイプのカゼにでも区別なく用いられていますが、表虚証には用いてはなりません。

なぜなら、表虚証は少し動くと汗が漏れでて風にあたるのが特に嫌な感じのタイプのカゼのひき始めです。
葛根湯では汗が出すぎてかえって体力を消耗するからです。
また、のどの痛みや熱っぽい感じが中心の明らかな表熱証には適切ではありません。
体表に侵入した邪が風熱の場合は、発汗させるのは同じですが、熱を取り去る清熱の効果をもつ薬が必要なのです。のどの痛みや腫脹、熱っぽいのは明らかに熱邪によるものなのです。
すなわち清熱して発汗させなければならないのです。

ですから、表虚証には桂(けい)枝(し)湯(とう)、表熱証には銀翹散(ぎんぎょうさん)を用います。
しかし以上はあくまで、代表処方であって、実際の治療においては弁証して証にもとづき、治療方法を決定します。さらに症状により一人一人、生薬の分量や配合の加味加減を調節します。
体表の病邪を追い出す手段は発汗ですが、それぞれの証候によって、温めて発汗させるか、清熱して発汗させるかという発汗のさせ方も発汗させる量も異なります。
カゼ、イコール葛根湯ではないことを認識してください。

さてカゼのひきはじめの症状の一例を挙げると、夕方に項部がゾクゾクして後背部が重く少し頭痛を感じたとします。
夜には喉が痛くなって、朝起きると鼻がつまって喉が脹れています。昼には咳が出て、無理をしていると夜から発熱して節々が痛くなり、激しく咳こんだり、痰が出たりします。
これをみてもわかるように、症状の変化が時間的にも物理的にも早いので、病気が進行して病態が複雑にならないうちに適切な対応をすることが大切です。

病邪が体内に入り肺を侵襲すると、咳や鼻水、鼻づまり、高熱などを引き起こし回復が長引きます。
さらに、日常の体質がからんでくると、なかなか治りにくいという人も多いのです。
痰湿(たんしつ)や(お)血(けつ)、気滞(きたい)などです。
痰湿が絡んでくると、やっかいです。
日頃から暴飲暴食をする、ストレスが多い、などによって、痰が多い人、また体質的に脾の運化機能が弱くて、消化や吸収が悪く、痰の生成が多い人は、痰がなかなかきれないので、回復が遅くなります。
また表寒証であっても裏熱証に、表熱証であっても裏寒証に、一方、表証と裏証をあわせもつなど、邪正闘争の結果、証はその人の体質を

反映して寒性の邪を受けても、熱性の証候に、逆に熱性の邪を受けても寒性の証候になるなど、証候は刻々と変化します。
そのためには、正気の状態と邪気の状態がどうなっているのか、身体を正常に戻そうとする正気の強さと、病邪の強さ、そして身体の状態を総合した証候がどうなっているのか、またどのように移り変わっていくのかを予測して、的確な処置を施す必要があります。

対処的な治療に終始すると、症状が悪化する場合も多いのです。
「カゼをきちんと治せたら名医」といわれるのは、そのゆえんです。
以上のことから、カゼは引き始めに適切な処置を施すことが一番大切であるといえるのです。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年3月25日 最終更新日:2012年3月25日

正しい風邪の治し方⑪

※効果や感じ方は人によって異なります

以上、表寒証、表虚証、表熱証などについてお話致しましたが、いずれも病位は浅く体表にあり、表証と呼ばれています。

表証の場合、発汗により体表面にある風寒、風熱、風の邪気を身体の外に追い出す方法を用います。この治療方法を解表(げひょう)といいます。
カゼのひきはじめによく発汗といわれますが、このように病位が体表にある表証に限って、発汗がとても有効なのです。
表証であることを決定するためには、悪寒と発熱が同時に起こり、脈が浮いていて、舌苔薄白で正常時と変化なしという三つの条件がそろっていることが必要です。

では、脈はなぜ浮くのでしょうか。
外邪が肌表に侵入すると、人体では体内の免疫が働いて、外邪を追い払おうとします。そのため、免疫は身体の内側からいっせいに肌表に向かって行こうとします。
その免疫の働きの状態が脈状に現れて、脈は体内から体表に向かって、普段より強く浮き上がるようになるのです。
身体の中で免疫が働いている状態が脈状にも反映されるということです。
脈が浮いているということは、身体内の免疫力が働いていて、外邪と戦っていることの証明なのです。

また、正気が邪気と戦い、正気がまだ弱っていない、ということを示しています。
このとき脈に触れると、指を身体の内側から体表に向かって浮き上がるように打っていると感じるので、この脈状を脈・浮(ふ)と表現します。病邪が身体内に侵入すると、脈証は病態に応じて変化します。
カゼの初期症状に対して適切な治療を行うために、まず侵入した邪が寒性の邪か熱性の邪かを確認する必要があるのですが意外にわかりにくいので、次回のブログでご紹介する寒・熱の特徴を参考にしてください。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年3月25日 最終更新日:2012年3月25日

正しい風邪の治し方⑩

※効果や感じ方は人によって異なります

④風湿のタイプ
治(ち)法(ほう):風化湿(きょふうかしつ)、通絡止痛(つうらくしつう)
 針灸
処方 合谷(ごうこく)、百会(ひゃくえ)、風池(ふうち)、足三里(あしさんり)、陰陵泉(いんりょうせん)、通天(つうてん)、頭維(ずい)
方義:合谷(ごうこく)・風(ふう)池(ち)で風(きょふう)行気(こうき)、百会(ひゃくえ)で通陽(つうよう)化湿(かしつ)、足(あし)三里(さんり)・陰(いん)陵(りょう)泉(せん)で健脾化(けんぴか)湿(しつ)をはかります。通天(つうてん)・頭維(ずい)は局部(きょくぶ)取(しゅ)穴(けつ)であり、清昇(せいしょう)頭目(ずもく)・止痛(しつう)の作用を発揮します。
 中薬 
処方 羌活勝湿湯(きょうかつかつしつとう)
組成 羌活3g 独活3g 川窮3g 防風4g  蔓荆子3g 藁本3g 甘草3g

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年3月25日 最終更新日:2012年3月25日

正しい風邪の治し方⑨

※効果や感じ方は人によって異なります

③風熱のタイプ

主に、風によって熱の邪が先導されて引き起こされる病証で、症状は風にあたるのが少しいやで、喉の腫れと痛みから始まり、同時に身体の熱感があります。また、頭痛を伴うこともあります。邪は風熱です。

 脈数(みゃくさく)
脈数は熱を表します。一分間の脈拍数が八十五回以上になるものを言います。
いったん邪が体内に入ると、侵入した邪の性質に関係なく、個々の体質が大きく反映し、本来陽性体質の人であれば表寒から表熱に、さらには裏熱証に発展する場合が多いのです。
治療方法 疏風(そふう)清熱(せいねつ)・辛涼解表(げひょう)

 鍼灸
処方 魚(ぎょ)際(さい)・少衝(しょうしょう)・大椎(だいつい) 曲池 外関

 方剤 銀翹散(ぎんぎょうさん)
清熱して発汗させるので、風熱のカゼのひきはじめに用いる代表薬です。
組成 金銀(きんぎん)花(か)、連翹(れんぎょう)、薄荷(はっか)、淡豆(たんとうし)、荊(けい)芥(がい)、竹葉(ちくよう)、芦(ろ)根(こん)、桔梗(ききょう)、牛蒡子(ごぼうし)、甘(かん)草(ぞう)、羚(れい)羊(よう)角(かく)
効能  疏風(そふう)清熱(せいねつ)・辛涼解表(げひょう)

 金銀花、連翹…辛涼性で体表の風熱の邪気を発散させる君薬です。
 荊(けい)芥(がい)、淡豆(たんとうし)…軽い辛温作用を持ち、君薬の開皮毛、発汗作用を強めます。
 牛蒡子、薄荷…疏散風熱(そさんふうねつ)解(げ)表作用(ひょうさよう)を持ち、君薬を補佐します。
桔梗、牛蒡子、甘草、薄荷…宣(せん)肺(ぱい)利(り)咽(いん)により、連翹の清熱解毒作用と相乗してのどの熱、痛みを改善させて、軽い(がい)嗽(そう)を止めることができます。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年3月25日 最終更新日:2016年6月21日

正しい風邪の治し方⑧

※効果や感じ方は人によって異なります

②風独特のタイプ
風邪(ふうじゃ)が単独で、身体を侵襲して引きおこされる病症で、表(ひょう)虚証(きょしょう)といいます。暖かい部屋にいると寒くはないのですが、隙間風がちょっとあたるだけで、後背部がゾクッとしたり、身体のどの部位でも風を敏感に感じて、風に当たるのを嫌がります。ちょっと動くだけで汗が漏れ出て息切れがして疲れやすく、身体が少し熱っぽく感じます。

この症状が起こるメカニズムは以下のようなものです。
肌表に侵入した風邪(ふうじゃ)と戦うため、衛気は体表に集中します(衛強(えきょう))。 衛気は正常時、理の開閉をコントロールして、発汗を調節して、汗の源である営気を保護しています。
衛気と風邪の戦いが始まり、衛気が傷害されるとひとりでに汗が漏れるという現象が起こります。
これは衛気が弱いために汗が漏れるのではなく、衛気が表邪との戦いに集中しているため、力を取られているので、理(そうり)が緩んでしまい、その結果、営気は内を守っていることが出来ずにひとりでに汗が外に漏れてしまうのです(営弱(えいじゃく))。衛強営弱(えきょうえいじゃく)となり、営(えい)衛(え)不和(ふわ)の状態となります。営衛不和とは営気と衛気の不均衡状態をいいます。

風邪も身体の中に入るためには、体表を守っている衛気のガードを破らなければならないのですが、風邪の開泄性が働くと理(そうり)が開きやすく、風邪はひらいた理から身体の中に容易に侵入できるのです。例えば、空き巣がどこかの家に侵入しようとする時、家のカギを開けることができるとドアを開けて家の中に容易に侵入することができるのと同じことです。

治療方法 解肌発表、調和営衛
 鍼灸 
処方  合(ごう)谷(こく) 風門(ふうもん)・大椎(だいつい)・・外関(がいかん)・列缺(れっけつ)・風府(ふうふ)・曲(きょく)池(ち)
解表と風(きょふう)の要穴より数穴選択し、また肺病証を主治する要穴の中から、全身の気を補うことができる合谷などを用いて、衛気を強めます。
 方剤
処方 桂枝湯
病因が風(ふう)によるカゼの引きはじめで身体の内側と外側の機能を調和させて、治す代表薬です。
組成 桂枝、勺薬、生姜、炙甘草、大棗
効用 解肌発表、調和営衛
配伍の分析 桂枝と勺薬は調和営衛のための主薬となります。
桂枝は肌表の邪気を軽く発汗させて,追い出します。勺薬は補(ほ)陰(いん)・収斂(しゅうれん)作用(さよう)により営気が漏れでるのを防ぎます。両薬で一散一収して体表の衛陽と営陰のバランスを調和します。
衛気と営気の失調を調和させ,体表の邪を取り除く治療方法で、強い発汗解表法が適さない表虚証に用います。
各生薬の作用は以下の通りです。

 桂(けい)枝(し)…解(げ)肌(き)解表(げひょう)
桂枝は辛温解表薬ですが、麻黄より発汗作用が弱く表虚で汗が漏れでている症状を悪化させないで、表邪を追い出します。
 勺(しゃく)薬(やく)…斂(れん)陰和営(いんわえい)
収斂作用により営気が漏れるのを防ぎ、桂枝の辛酸による正気の損傷を抑えます。     
 生姜(しょうきょう)…辛(しん)温(おん)解表(げひょう)で散寒発汗作用があり、桂枝の解肌解表作用を補佐します。
 大棗(たいそう)…勺薬を補佐し、営陰を強めます。
 灸甘(きゅうかん)草(ぞう)…勺薬の酸味と甘草の甘味によって酸甘化陰となり、陰液を保護します。
☆解肌解表とは、表症で汗が出ている時に軽く発汗させて肌表の邪を追い出すことです。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年3月25日 最終更新日:2016年6月21日

正しい風邪の治し方⑦

※効果や感じ方は人によって異なります

風寒のタイプの治療方法についてご紹介します。

治療方法  疏風散(そふうさん)寒(かん)・辛(しん)温(おん)解表(げひょう)

・鍼灸 
処方 風門(ふうもん)・大椎(だいつい)・合(ごう)谷(こく)・外関(がいかん)・列缺(れっけつ)・風府(ふうふ)・曲(きょく)池(ち)
より証候に合わせてツボの特異性を考慮して数穴選択し、鍼と灸法を行います。

・方剤
処方 葛根湯です。
組成 葛根、麻黄、桂枝、勺薬、生姜、炙甘草
効能 発汗(はっかん)解表(げひょう)・昇津舒筋(しょうしんじょきん)
配伍の分析 桂枝湯に葛根,麻黄を加えたもので、葛根により津液を上昇させ筋脈を潤し調和営衛を計りながら発汗(はっかん)・邪(きょじゃ)します。
葛根は方中の君薬、すなわち、主薬ですが、麻黄を加えることにより桂枝湯よりも発汗が強化されていますが、峻(しゅん)汗(かん)の必要はなく,勺薬により斂陰和営を図っています。
各生薬の効能を以下に示します。

 葛(かっ)根(こん)…解表退熱(げひょうたいねつ):津液を上昇させて筋を潤し、後背部の緊張を緩めます。
   昇津舒筋(しょうしんじょきん):津液を上昇させ,筋肉を潤し後背部の緊張を緩めます。
 麻(ま)黄(おう)…発汗(はっかん)解表(げひょう):麻黄は特に発汗作用に優れ、発汗により肌表
の病邪を追い出します。
 桂(けい)枝(し)…散寒通絡(さんかんつうらく):桂枝は経脈を温めて寒邪を散じて経絡の凝滞を
      通じさせます。
 勺(しゃく)薬(やく)…斂(れん)陰和営(いんわえい):収斂作用により、陰を強めて(そう)理(り)※を引き締め、営気が漏れでるのを防ぎます。
 生姜(しょうきょう)…桂枝の解表、散寒作用を助けます。 
 大棗(たいそう)…勺薬の斂陰和営作用を補佐します。   
 炙甘(しゃかん)草(ぞう)…生薬の調和をします。
※生姜、大棗、甘草…衛気は中(ちゅう)焦(しょう)で作られるので胃気を強化して免疫力を強めます。
※(そう)理(り)とは皮膚や筋肉のキメで、皮膚や筋肉間の結合組織のことです。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年3月25日 最終更新日:2016年6月21日

正しい風邪の治し方⑥

※効果や感じ方は人によって異なります

まず、風寒のタイプについてお話します。

①風寒のタイプ
寒気と発熱が同時に起こり、頭痛や後背部のこわばり、節々の痛みがあります。汗はでません。これは風寒の邪によってもたらされる症状で、風によって先導された邪は寒邪です。
なぜ、以上のような症状がでるのでしょうか。

・悪寒発熱

熱があれば、普通は暑いのですが、熱があるのに寒いということが同時に起こるのです。熱があるというのは、必ずしも体温が高いという意味ではなく、熱っぽく感じるということです。

・頭痛・後背部のこわばり

太陽の経脈とは、足の太陽膀胱経のことで、十二経脈の主要な幹線のひとつです。この経脈は背骨の両側を通っており、循行ルートである肩背部には風門(ふうもん)という経穴があります。
風門は風邪(ふうじゃ)の出入り口といわれ、風寒の邪に侵入されやすいのです。

また、寒には冷たいこと、イコール痛みを生じさせるという働きがあるのです。
たとえば、冷たい氷とは知らずに一瞬触ってしまった時、冷たいと言うより痛いと感じたことはありませんか?
暖かい部屋から、外に出て冷たいが息に急にさらされた時、頭痛を感じたことはありませんか?
これらは寒冷によって、痛みが発生したものです。
関節部では経気の運行が阻害されやすいため特に痛みが出やすいのです。

・無汗
寒邪には収引の作用があり、体表に影響すると、皮膚のキメが収縮して、汗腺が閉じ、汗が出なくなるのです。

・脈・浮・緊
脈・浮とは、脈が身体の内側から体表に向かって浮き上がるように打つ脈のことをいい、病邪が身体内に深く入り込んでなく、病位が浅く表にあることを示します。
緊とは、血管が硬く緊張しているような脈状をいいます。
これは寒邪の収引性が反映したものです。

・舌苔薄白
舌(ぜっ)苔(たい)薄白(はくはく)とは、正常な舌証を示すものです。表証では病邪が体内に入りこんでいないので、舌苔には反映されずに、正常の舌苔の状態であるのです。
病邪が、体表にあり、深く体内に侵入していないことを表しています。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年3月24日 最終更新日:2012年3月24日

正しい風邪の治し方⑤

※効果や感じ方は人によって異なります

①風寒のタイプ
1. 暖かい所にいても身体が寒い、同時に身体が熱っぽい
2. 汗が出ない
3. 頭痛がする
4. 後背部がこわばる、身体痛
5. 脈・浮(ふ)・緊(きん)
6. 舌(ぜっ)苔(たい)薄白(はくはく)

②風(ふう)独特のタイプ
1. 少し動くだけで、汗が漏れでて、身体がしんどい
2. ちょっとした風でも、とても敏感に感じて、風に当たりたくない、風に当たると気分が悪い
3. 身体が熱っぽい
4. 脈・浮(ふ)・緩(かん)
5. 舌苔薄白

③風熱のタイプ
1.のどがはれて痛む
2.風に当たると気分が悪い。
3.少し身体が熱っぽく、頭痛がする
4.汗が出る
5.脈・浮(ふ)・数(さく)
6.舌苔薄白

④風湿のタイプ
1.少し身体が熱っぽく、頭が重い 体がだるい
2.汗が出る
3.食欲不振
4.脈・浮(ふ)・濡
5.舌苔はねっとり

それでは、次回はそれぞれの症状がおこる原因をタイプ別に分析してみましょう。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年3月24日 最終更新日:2012年3月24日

正しい風邪の治し方④

※効果や感じ方は人によって異なります

・風はよくいけるしばしばかわる
風の原因で引きおこる病気は固定の部位がない 遊走しています
たとえば 風邪による痺証はいたみの部位はいつもかわっている
そして 症状もよくかわる
 
・風の性質は動きです
自然界を見ると 風が吹くと 木も草も煙も動いています 体の中に風があったら 動きの症状も出てきます たとえば 抽風 振顫 眩暈など

外感病邪により、病証としては風(ふう)寒(かん)の邪では表(ひょう)寒証(かんしょう)を、風熱(ふうねつ)の邪では表熱証(ひょうねつしょう)を風邪が単独で侵襲した場合、表(ひょう)虚証(きょしょう)を呈します。
これらはカゼの初期症状を表し、身体内に侵入した外感病邪によって特徴的な症状を示します。
ここでは、この三つのタイプについてお話します。

カゼはひいたかなと思ったらすぐ対処するのが一番大切だと言われます。
なぜなら、外感病邪は体表面から人体を侵襲してくるので、カゼのひき始めは病位が体表面にあるからです。
病位が浅いので、追い出すのが簡単なのです。
表から裏、すなわち体内に入り、肺や他の臓腑に影響すると、咳や痰・鼻水・鼻づまり・高熱・食欲不振・嘔吐・下痢などを伴ってきます。さらに、正気が弱くなると回復が長引きます。
しかし、一口にカゼといっても症状によって治療方法は同じではありません。その症状から、カゼをいくつかのタイプの証候に分けることができます。

つまり、カゼをひいたとき症状より自分のカゼがどのタイプの証候か判断することが大切なのです。
あなたはどのタイプのカゼをひきやすいですか。
それぞれのタイプのカゼの初期症状を次のブログで紹介します。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年3月24日 最終更新日:2016年6月21日

正しい風邪の治し方③

※効果や感じ方は人によって異なります

体表部が外感病邪の影響を受けると表証(ひょうしょう)が出現します。
表証とは、多くはカゼのひきはじめで身体の外側から体表・口・鼻を経由して、人体に侵入しようとしている六淫と体表で身体をガードしている衛(え)気(き)との戦いの結果出現する病証なのです。
六気である風・寒・暑・湿・燥・火を過剰に受けて病因になった場合を六淫と言うことは前述した通りです。

(一) 風

普通、風邪(ふうじゃ)は、単独では病因とはなりにくく、他の邪を一緒につれてきます。ですから、風(ふう)に関係した外感病邪は風(ふう)寒(かん)・風熱(ふうねつ)・風湿(ふうしつ)・風燥(ふうそう)のようになります。

風邪(ふうじゃ)はこのように他の邪と一緒になって人体を襲うので、百病の長といわれています。
またひとつは風邪によって引き起こる病気がおおいです 一年のなかにいつでも風がある 風は表裏内外も到着できる

●風は陽性の邪気で 軽揚開泄 陽位を侵襲しやすい

※効果や感じ方は人によって異なります