カテゴリー別アーカイブ: 豆知識

update:2012年4月13日 最終更新日:2017年8月9日

心身トレーニング(アレルギー症状の抑制に)

※効果や感じ方は人によって異なります

心身トレーニング

アレルギー症状は体力が衰え、新陳代謝が悪くなるところにも原因がありますから、身体上の対処法としては軽いジョギングや体操などが効果を発揮します。
軽い運動は、普段のストレスを解消し、イライラしやすい性格や、怒りっぽい性格を改善していくこともでき、アレルギー症状の抑制にも役立ちます。

その他、身体の自然治癒力や自律神経を増強する方法には乾布摩擦があります。

太極拳
中国で日常的に行われている太極拳は、身体の鍛錬とともに、自律神経をコントロールして毎日のストレスを解消してくれます。
さほど、激しい運動ではないのですが、身体の新陳代謝を促す点で、とてもいい運動になります。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年4月12日 最終更新日:2017年8月9日

身近な体質改善剤

※効果や感じ方は人によって異なります

紫蘇の青汁を毎日一杯いかがでしょうか?

紫蘇は、日本では知らない人はいないでしょう。

紫蘇は、梅干、野菜の漬物、刺身のつま、ふりかけ及び、菓子など、一般の食生活にもなじみが深く、中薬としても、不安神経症、風邪、及び、生魚の解毒によく使われます。

国立公衆衛生院衛生微生物学部の今岡浩一先生の研究によると、紫蘇の抽出エキス(PFG)を使用した動物実験を通して、紫蘇は、抗DPD―IgE抗体及び総IgE抗体の産生を抑制する作用が証明されました。

花粉症の人は血中のIgE抗体の濃度が正常の人より高いのです。
だから、このようなアレルギー体質を改善するために、毎日一杯の紫蘇の青汁を飲みましょう

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年4月11日 最終更新日:2012年4月11日

便利な民間療法③

※効果や感じ方は人によって異なります

鼻水に効く民間療法

ドクダミ茶
中薬の魚腥草は、日本ではドクダミとして、体質改善剤として、よく使われています。主な作用は、清熱解毒です。中医は肺炎の時よく使います
すなわち、体内の熱と毒素を排出する働きがあります。
主に、体内に停滞する汚れて、煮詰まった水を排出します。
慢性化した花粉症の体質改善に有効です。
ただし、身体を冷やしますので、身体を温める食品と一緒にお茶として、服用すると良いでしょう。

ハトムギ
中薬のよく苡仁(よくいにん)(よくいにん)は、日本では、ハトムギとしてお茶などで、体質改善剤として、常飲されています。中医には消化不良、食欲不振の時よく使いますこれは、健胃作用と利水作用と気の働きを高める作用をあわせもつ良薬です。水湿の停滞という花粉症の発症の機序もあっています 花粉症には、とても有効です。

くしゃみに効く民間療法
ショウガ
ショウガは中薬では、生姜(しょうきょう)と呼ばれ、身体を温め、胃腸の働きを助け、吐き気を止めたり、冷えを取る働きがあるので、風邪の治療薬としても用いられています。花粉症には、とても有効です。
鼻から吸って、口から出すことを5,6回行うと、クシャミが止まります。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年4月10日 最終更新日:2017年8月9日

便利な民間療法②

※効果や感じ方は人によって異なります

鼻づまりに効く民間療法 その二

大根おろしの鼻洗浄液
大根をすりおろし、ガーゼでしぼって汁を作り、綿花につけて、鼻に詰めます。
大根は消化を促進して、胃のもたれを解消しますが、鼻詰りをとるのにも、有効です。
大根は、辛くない部分を使うことがポイントです。
辛い大根で作ると、鼻の中がびりびりと痛くなってしまいますから気をつけて。

レンコンのしぼり汁
レンコン汁を綿花にしみこませて左右交互に繰り返して、鼻孔に詰めます。
レンコンは、皮膚や粘膜を収縮させる収斂作用や、炎症を抑える消炎作用があるので、鼻詰りによく効きます。寝る前に行うのも良いでしょう。

長ネギの白い部分
ネギの白い部分を着ると、中がネバネバしています。
ネバネバした部分は、鼻の炎症を抑えて、空気の通りを良くし、鼻づまりを改善する効果があります。このネバネバした汁を、鼻の穴や鼻の根本につけると良いでしょう。

にんにくのお酢
にんにくの皮をむいて、ビンの中にいれて、その後お酢をビンの中に注いで、密閉します。
1ヶ月たってから、ビンの蓋をあけて、ビンの上の空気を、鼻に引き寄せるように、手であおぎながら、匂いを鼻から吸入します。
一回15分、1週間が一つの段階で、もう一ビンを交換して嗅ぎます。
お酢の収斂作用と、にんにくの血流改善作用で、鼻詰りにとても効果があります。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年4月9日 最終更新日:2017年8月9日

便利な民間療法①

※効果や感じ方は人によって異なります

鼻詰まりに効く民間療法

番茶の中に塩をいれて、鼻を洗浄

鼻が詰まって苦しいときは、番茶の中に塩を入れて、鼻を洗浄すると効果的です。
番茶による消炎作用と塩の血管収縮作用によって、鼻詰りを改善します。
濃く煮詰めた番茶を冷まし、洗面器に入れて、それに塩を小さじで一さじ入れて混ぜます。
洗面器の中に鼻をつけて、軽く息を吸い、鼻の中まで水を入れます。
2,3回行い、片方ずつ鼻から水をきれいに吐き出して、鼻の中を洗います。
また、この番茶を脱脂綿にしみこませ、鼻に詰めておいても効果があります。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年4月8日 最終更新日:2012年4月8日

解毒作用のある食材 ごぼう

※効果や感じ方は人によって異なります

ゴボウは、西洋や東洋のハーブ療法のうちでも、最も解毒作用のあるものの一つです。毒素の過剰によって引き起こされる喉や他の感染症、おでき、荒れ性、慢性的な皮膚症状の治療に用いられる。根と種子は身体の老廃物を出すのを助け、根は特に重金属の排出を促すのによいと考えられている。中医学からいえばゴボウは清熱解毒 風邪の原因でのどが痛い時よくつかいます。

主作用
■洗浄作用
■穏やかな利尿作用           
■抗生作用
■防腐作用

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年4月7日 最終更新日:2012年4月7日

花粉症の食生活改善法 その二

※効果や感じ方は人によって異なります

ストレスの多い人向けの食材

アズキ(赤小豆):湿熱を取り除き、水の代謝を良くする。
グリーンピース(緑豆):熱を取り、水の代謝を良くする。
クロマメ(黒豆):肝を滋養して、水の代謝を良くする。
ジャスミン(茉莉花):気の滞りを取り、気の巡りを良くする
菊花:肝を滋養し、ストレスを解消する。
枸杞の実:肝を滋養し、ストレスを解消する。
ウコン(ターメリック):気をめぐらせ、血液の流れを良くし、ストレスを解消する。

ストレス型に良い食事
カレーライス:気をめぐらせ、血液の流れを良くして、ストレスを解消させます。
ストレス型の人には最適の料理といえます。

水湿の停滞している人の食材
大根:身体を温め、痰をとり、利水作用を持つ。
ごぼう:身体を温め、コレステロールを下げ、利水作用を持つ。
かぼちゃ:胃を強めます。
じゃがいも:胃を強めます。
トウガン(冬瓜):炎症を抑え、痰を取り、利水作用を持つ。
きゅうり:血圧を下げ、利水作用を持つ。
山芋:身体を温め、胃腸を強くして、痰を取る。
人参:身体を温め、元気を養い、消化吸収を良くする。
インゲン豆:身体を温め、胃を強め、利水作用がある。
しょうが:お腹を温め、胃の働きを強くする。
はとむぎ:体の中の湿熱やむくみをとる。
紫蘇の葉:胃腸を強め、痰を取り、利水して、気をめぐらせる。
なす:熱を冷まし、利水。
クリ:気血を補い、血液の流れを良くする。
すいか:熱を冷まし、利水作用を持つ。

情緒を安定させる食材
なつめ、小麦、百合根など。
小麦は、情緒を安定させるので、中薬でもよく使います。
毎日のお米の中に、配合すると良いでしょう。

上記の食材より選んで、花粉症に効果のある食事の一例として、筑前煮を作りました。

筑前煮

材料
鶏もも肉
だいこん
ごぼう
レンコン
にんじん
さといも
干ししいたけ
こんにゃく
しょうが
ねぎ
だし汁、醤油、適量、みりんを少々
サラダ油

砂糖は使わず、みりんもほんの少々使用するだけですが、そのぶん素材の味がひきたち、コクのあるおいしい筑前煮となります。
ポイントは、サラダ油でショウガを良く炒めて、香りを出すことです。

作り方
①鍋にサラダ油を熱し、ショウガを炒め、上記の食材を加えて炒める。
②全体に油がまわったら、だし汁とみりんと醤油をいれて、強火で煮て、
煮立ったら、中火にして、アクを取りながら、野菜が柔らかくなって、
煮汁が半分くらいになるまで煮る

※砂糖を使わないでも、上記のようにすると、おいしくできるので、肥甘厚味
の過食とならないためにも、日頃のおかずから、砂糖を減らしましょう

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年4月6日 最終更新日:2012年4月6日

花粉症の食生活改善法 その一

※効果や感じ方は人によって異なります

花粉症の体質の人には、いくつかの共通点があります。

たとえば、身体の中に水がたまっているという体質です。
この体質を作る、最も大きな要素が日常の食事です。
つまり、たとえば明らかに油物が多すぎるといった、偏った食事が、心と体質に影響して、花粉症になりやすい体質を作るのです。

このように、体質というものは、食事によって、ここまで変化するのです。
逆にいえば、毎日の食事を改善することによって、体質はいくらでも良くすることができるということです。毎日の食事によって、花粉症にならない体質を作りましょう。

原則的に、身体を温める食品、水の代謝を良くする食品、気持ちをリラックスさせるような食品、不安をやわらげるような食品をとりましょう。
体質や症状はいくつか組み合わさっているのが普通ですから、自分の中心となる体質や気持ちの改善に効果のあるものを基本的に組み合わせて選び、自分の体質に合ったものにしましょう。

その一つのポイントとして、食事の後に、気分が良くて、身体が温まり、気持ちがくつろぐようでしたら、食したものが自分に適しているということです。
いくら良いものを食しても、おいしかっただけで、お腹が張りすぎて、気分が悪くなってしまっては、身体にとっては、食べすぎという害になってしまいます。

以上のことから、栄養とは何を食するかの前に、いつ何を、どのように食べるかということが大切なのです。
昔から言われていることですが、お腹がすいたときに、自分の身体に適したものを、感謝の気持ちで、自分に適した量をよくかんで食べるということです。

毎日の食事は、偏った体質を改善する最高の良薬となるでしょう。

次は、体質別に適した食材を紹介していきます。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年2月10日 最終更新日:2012年2月10日

当院の美容鍼灸はここまで出来る

※効果や感じ方は人によって異なります

~心と身体の声に耳を澄ませます~
人が見ても分からないようなことで、患者様はコンプレックスを持っています。綺麗なのに綺麗ではないと思っている人が非常に多いです。例え、自分のことを綺麗だと思っていても、より綺麗になりたいからお金を払うのが女性の心理です。

『綺麗になって精神的に満足を得たい。』
『人に見られることにより自信を得たい。』

当院では、あなたの良いところ、個性、魅力的なところを褒めてチャーミングなところをひきだしていきます。美しさに対して向上心を持って、その人の良さを活かす美容を提供することで、誰でも綺麗になれるのです。
それが当院独自の美容鍼灸です。

※効果や感じ方は人によって異なります

update:2012年2月10日 最終更新日:2012年2月10日

生まれたばかりの赤ちゃんでも美人は分かる

※効果や感じ方は人によって異なります

アメリカの統計で生まれたばかりの赤ちゃん0歳~1歳に無差別に色んな人の顔写真を見せる実験をしました。
美人だと、赤ちゃんはずっとその写真を見ているのです。美人には、自分を受け入れてもらえるような安心感があります。美人は相手を喜ばせて免疫力を高めさせます。美人な人というのは、目の大きさや鼻の高さは関係ありません。思いやりのある優しさや、健康でイキイキとした雰囲気をいうのです。
すなわち、自分の個性や持ち味を輝かせている人が、本当の美人ということなのです。

※効果や感じ方は人によって異なります