update:2012年3月29日 最終更新日:2017年8月9日

中医学による正しい風邪の治し方⑫

※効果や感じ方は人によって異なります

桂枝…解(げ)肌(き)解表(げひょう)
桂枝は辛温解表薬ですが、麻黄より発汗作用が弱く表虚で汗が漏れでている症状を悪化させないで、表邪を追い出します。
勺薬…斂陰和営
収斂作用により営気が漏れるのを防ぎ、桂枝の辛酸による正気の損傷を抑えます。     
生姜…辛(しん)温(おん)解表(げひょう)で散寒発汗作用があり、桂枝の解肌解表作用を補佐します。
大棗…勺薬を補佐し、営陰を強めます。
灸甘草…勺薬の酸味と甘草の甘味によって酸甘化陰となり、陰液を保護します。

邪正闘争が激しくなると、高熱となります。熱邪が深く入ると、胸部が熱く煩わしく、うわごとを言ったり不眠を起こしたりします。
※桂枝と勺薬…桂枝は肌表の邪気を軽く発汗させて,追い出します。勺薬は補陰・収斂作用により営気が漏れでるのを防ぎます。両薬で一散一収して体表の衛陽と営陰のバランスを調和します。
※調和営衛…このように、衛気と営気の失調を調和させ,体表の邪を取り除く治療方法です。強い発汗解表法が適さない表虚証に用います。
※解肌解表とは、表症で汗が出ている時に軽く発汗させて肌表の邪を追い出すことです。

銀翹散 
冷やして発汗させて治す
風熱の邪気の侵入による風邪のひきはじめに用いる代表薬です。
各生薬の効能を次回、ご紹介します。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分