update:2012年3月26日 最終更新日:2012年3月26日

中医学による正しい風邪の治し方⑨

※効果や感じ方は人によって異なります

では、なぜ悪寒と発熱が同時に起こるのでしょうか?
肺の宣発が失調して、衛気が体表に届かず、肌表の内側で鬱積して、発熱が起こり、体表の外側では、寒邪が体表を束縛して、衛気がめぐらないので、温煦(おんく)できずに悪寒が起こります。
熱があれば、普通は暑いのですが、熱があるのに寒いということが同時に起こるのです。熱があるというのは、必ずしも体温が高いという意味ではなく、熱っぽく感じるということです。

舌苔薄白とは、どんな意味でしょうか?舌苔薄白とは、正常な舌証を示すものです。表証では病邪が体内に入りこんでいないので、舌苔には反映されずに、正常の舌苔の状態であるのです。
病邪が、体表にあり、深く体内に侵入していないことを表しています。

カゼをひいたとき、どんな病邪が襲ってきたのかを判断する方法としてまず、寒性の邪か熱性の邪かを確かめます。

侵入した邪が寒性の場合
・のどが渇いても水分はあまりとりたくない
・温かい飲み物が欲しい
・尿は白く量が多い
・冷気をとてもいやがる
・暖かいところにいても寒く感じる
・身体が熱っぽく感じるが汗が出ない
・寒邪が表にいる間は、熱はあまり高くならない

侵入した邪が熱性の場合
・のどが渇き、水分を多くとりたい
・冷たい飲み物が欲しい
・尿は黄色で量が少ない
・熱気を嫌がる
・身体が熱っぽく汗が漏れやすい
・熱が出やすい

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分