update:2012年3月26日 最終更新日:2012年3月26日

中医学による正しい風邪の治し方⑧

※効果や感じ方は人によって異なります

脈数(みゃくさく)
脈数は熱を表します。いったん体内に入ると、個々の体質が反映し、陽性体質であれば表寒であっても表熱にさらに義熱になる場合が多いのです。
いずれも病気の部位は浅く、病邪は体表面にとどまっています。
病位が体表にあることを表証といいます。
この場合、体表面にある風寒、風熱、風の邪気を発汗させ、身体の外に追い出せばよいのです。
この治療法を、解表といいます。
解表とは発汗によって体表面の邪気を追い払うことです。
カゼのひきはじめによく発汗といわれますが、病位が体表にある表証に限っては発汗が有効なのです。
病位が体表にあることを確認するためには、脈浮、悪寒発熱、舌苔薄白、の3つを確認できれば、病邪が体表にあるということです。

舌苔薄白とは、普段の正常時の舌の状態をいいます。
病邪は表にあり、深く侵入していないので、舌苔は変化がないのです。
表証であることを決定するためには、悪寒と発熱が同時に起こり、脈が浮いていて、舌苔薄白で正常時と変化なしという三つの条件がそろっていることが必要です。

脈はなぜ浮くのでしょうか?
脈が浮いているということは、身体内の免疫力が働いていて、外邪と戦っていることを表しています。
人体では、外邪と免疫が戦っている様子が、まず脈状に現れます。脈が体表に向かって、強く押し上げられるように働きます。
そして、脈に触れると、指を身体の内側から外側に押し上げるように働くのです。脈が浮いているように感じるので、この脈状を脈・浮と表現します。
免疫は体表部に侵入した外邪に対して働いています。ですから、内側から外側に向かって力が働くので、脈が浮いているように感じるのです。
また、正気が邪気と戦い、正気がまだ弱っていない、ということを示しています。
病邪が身体内に侵入してしまうと、脈証は病態に応じて変化します。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分