update:2012年3月25日 最終更新日:2016年6月21日

正しい風邪の治し方⑥

※効果や感じ方は人によって異なります

まず、風寒のタイプについてお話します。

①風寒のタイプ
寒気と発熱が同時に起こり、頭痛や後背部のこわばり、節々の痛みがあります。汗はでません。これは風寒の邪によってもたらされる症状で、風によって先導された邪は寒邪です。
なぜ、以上のような症状がでるのでしょうか。

・悪寒発熱

熱があれば、普通は暑いのですが、熱があるのに寒いということが同時に起こるのです。熱があるというのは、必ずしも体温が高いという意味ではなく、熱っぽく感じるということです。

・頭痛・後背部のこわばり

太陽の経脈とは、足の太陽膀胱経のことで、十二経脈の主要な幹線のひとつです。この経脈は背骨の両側を通っており、循行ルートである肩背部には風門(ふうもん)という経穴があります。
風門は風邪(ふうじゃ)の出入り口といわれ、風寒の邪に侵入されやすいのです。

また、寒には冷たいこと、イコール痛みを生じさせるという働きがあるのです。
たとえば、冷たい氷とは知らずに一瞬触ってしまった時、冷たいと言うより痛いと感じたことはありませんか?
暖かい部屋から、外に出て冷たいが息に急にさらされた時、頭痛を感じたことはありませんか?
これらは寒冷によって、痛みが発生したものです。
関節部では経気の運行が阻害されやすいため特に痛みが出やすいのです。

・無汗
寒邪には収引の作用があり、体表に影響すると、皮膚のキメが収縮して、汗腺が閉じ、汗が出なくなるのです。

・脈・浮・緊
脈・浮とは、脈が身体の内側から体表に向かって浮き上がるように打つ脈のことをいい、病邪が身体内に深く入り込んでなく、病位が浅く表にあることを示します。
緊とは、血管が硬く緊張しているような脈状をいいます。
これは寒邪の収引性が反映したものです。

・舌苔薄白
舌(ぜっ)苔(たい)薄白(はくはく)とは、正常な舌証を示すものです。表証では病邪が体内に入りこんでいないので、舌苔には反映されずに、正常の舌苔の状態であるのです。
病邪が、体表にあり、深く体内に侵入していないことを表しています。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分