update:2012年3月24日 最終更新日:2012年3月24日

正しい風邪の治し方④

※効果や感じ方は人によって異なります

・風はよくいけるしばしばかわる
風の原因で引きおこる病気は固定の部位がない 遊走しています
たとえば 風邪による痺証はいたみの部位はいつもかわっている
そして 症状もよくかわる
 
・風の性質は動きです
自然界を見ると 風が吹くと 木も草も煙も動いています 体の中に風があったら 動きの症状も出てきます たとえば 抽風 振顫 眩暈など

外感病邪により、病証としては風(ふう)寒(かん)の邪では表(ひょう)寒証(かんしょう)を、風熱(ふうねつ)の邪では表熱証(ひょうねつしょう)を風邪が単独で侵襲した場合、表(ひょう)虚証(きょしょう)を呈します。
これらはカゼの初期症状を表し、身体内に侵入した外感病邪によって特徴的な症状を示します。
ここでは、この三つのタイプについてお話します。

カゼはひいたかなと思ったらすぐ対処するのが一番大切だと言われます。
なぜなら、外感病邪は体表面から人体を侵襲してくるので、カゼのひき始めは病位が体表面にあるからです。
病位が浅いので、追い出すのが簡単なのです。
表から裏、すなわち体内に入り、肺や他の臓腑に影響すると、咳や痰・鼻水・鼻づまり・高熱・食欲不振・嘔吐・下痢などを伴ってきます。さらに、正気が弱くなると回復が長引きます。
しかし、一口にカゼといっても症状によって治療方法は同じではありません。その症状から、カゼをいくつかのタイプの証候に分けることができます。

つまり、カゼをひいたとき症状より自分のカゼがどのタイプの証候か判断することが大切なのです。
あなたはどのタイプのカゼをひきやすいですか。
それぞれのタイプのカゼの初期症状を次のブログで紹介します。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分