update:2012年3月24日 最終更新日:2012年3月24日

リラックス呼吸法による改善②

※効果や感じ方は人によって異なります

呼吸を意識するだけで、自然な呼吸に変えられる。

深い呼吸は、誰でも身につけることができます。
呼吸法といっても、特別な方法は何もありません。呼吸のリズムを意識するだけでよいのです。
意識することによって、自分の呼吸が速くなったり、遅くなったり、浅くなったり、力みすぎていたりということがわかるのです。
呼吸は無意識に行われているものなので、意識しなくても正常に行われている、だから特別の練習や訓練は必要ないと思っている人が大半だと思います。

しかし、呼吸法を行ってみると、感情やその時の状態に応じていろいろな形の呼吸を行っていることに気がつくのです。
音楽も不自然なリズムやメロディでは、良い曲は奏でられません。
呼吸も同じなのです。

それでは、試しに実際に息を口から細くできるだけ長く吐いてみてください。
呼吸の形には、吐く息が長く続く呼吸、吐く息が短く続かない呼吸、吐く息が途中で途切れる呼吸、吸う息に力が入っている呼吸などのパターンがあります。
吐く息が長く続くならば、深い呼吸ができているということです。
しかし、以下のような呼吸ならば、次のような精神状態に相応しています。

①吐く息が短く続かない呼吸
息を吐いていくと、すぐ吐ききってしまって、息が続かない浅い呼吸です。
酸素が足りなくなって、水面に浮かんでパクパクと苦しそうに呼吸をしている水槽の金魚や鯉のようなものです。
変化に対応できにくく、気持ちが不安定で疲れやすい病的な呼吸です。

②吐く息が途中でとぎれる呼吸
息を吐いていくと、途中で何かにつまったように息がとぎれてスムーズに続かない呼吸です。吐く息が短くなり、吸う息に力がこもりがちです。
不安や怒り、哀しみなどが混ざり合い、気持ちが葛藤しているときの呼吸です。

③吸う息に力が入った呼吸
吐く息がつまっているように重く、吸う息に力が入ってしまっている呼吸です。吸う息は本来受動的なもので、力を入れて吸うのは不自然なのです。
たとえば、泣いている時の呼吸を思い出してください。
吸う息に力が入って、小刻みな呼吸をしています。
吸う息に強く力が入った呼吸は、悲しみの気持ちに相応しているのです。

このように、吸う息に力が入ると、緊張、哀しみ、悲観、不安などのマイナスの感情が生まれやすいのです。また、生じたマイナスの感情によって、さらに吸う息に力が入りやすくなります。
そして、次のブログで紹介するような悪循環をおこすのです。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分