update:2012年3月24日 最終更新日:2017年8月9日

中医学による正しい風邪の治し方②

※効果や感じ方は人によって異なります

中医学から見た病気の原因分類表

①外因(がいいん)―体外から主に環境や気候の変化が人体を障害する病因となるケース。(風・寒・熱・暑・湿・燥)

②不内(ふない)外因(がいいん)―外傷(けが、骨折や虫さされ)

③内因(ないいん)―体内の異常が原因となって病気をひきおこすケース

*二次的病理産物とは・・・例えば血液と水分。身体全体を絶え間なく流れて身体を栄養し、滋潤する、身体にとって大切なものですが、たまって汚れたものは、有益なものではなくなり、病因となって身体を傷害する病理産物となるのです。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分