update:2012年3月3日 最終更新日:2012年3月3日

わかりやすい中医学入門 序論3

※効果や感じ方は人によって異なります

この辺りで、一息つきましょう。

少し別の角度から、気を見てみましょう。
ヨガの中には、「プラナ ヤマ」という言葉がありますが、「プラナ」とは気(き)で、「ヤマ」とはコントロールという意味です。
つまり、プラナヤマとは気(き)をコントロールするという意味です。
古来より、気(き)をコントロールするということが行われてきたわけです。

では、気(き)とは何でしょうか?
酸素のことでしょうか?
酸素イコール気(き)ではありません。
酸素は宇宙の気(き)の中の物質に過ぎません。
気(き)とは先ほど、玄米の発芽のお話を致しましたが、生きているエネルギー、生かそうとしているエネルギーをいいます。

宇宙は誕生以来、消えゆく星、生まれていく星、一瞬も同じ状態にとどまらず、変化しながら、調和と安定を繰り返し、限りなく進化しつづけています。
動物の世界を見てみると、弱肉強食です。
しかし、強いライオンは数が少なく、弱い草食動物は数が多いです。
このように、バランスが取れています。
そして、恐竜の世界を見てみると、彼らは大きくなりすぎて滅びました。強く、大きくなっても、他のもののことを考えないと、結局は滅びてしまいます。

これが、自然法則です。
自然は、自他共存を目指しており、バランスをとって安定しています。
逆に、自然法則に従った生き方をしていると、限りなく発展するということです。
すなわち、自他の愛が自然法則であり、宇宙の意識を、シャカは慈悲の心で、キリストは愛で表現しています。
限りなく発展したければ、自他共存を考えればよいということです。

中医学では、自然法則である陰と陽の理論を、人体の生理や病理にあてはめて、バランスをとることの大切さを、基礎理論のなかに、貫いています。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分