update:2015年6月30日 最終更新日:2015年6月30日

親子でホッとしています。(顎関節症)

※効果や感じ方は人によって異なります

患者様のお声(14歳中学生)

20150630
14歳の息子が右側の顎が痛くて開かず、水すら飲むのも痛みで困難であった為、病院で血液検査、レントゲン、いろいろと調べてもらった結果、顎関節症とのことでした。
骨の間にある関節円板がずれてしまっている為、痛みを伴い、口が開かないので、歯科口腔外科の先生が理学療法で処置をその場でしてくださり、その時は少し痛みが和らいでホッとしたのですが・・・家に戻ると同じ痛みに戻ってしまって「どうすればよくなるだろうか」と思い、インターネットで調べ、十数年、顎関節症で悩んでおられた方が原田先生のところで治療をして、よくなったことを知り、先生のところへ電話をかけ、症状を伝え、息子を連れて行きました。

一回目の鍼灸治療と整体を終えた息子は、痛みはまだありましたが、治療前とは違い、確実に痛みが和らいでいるようでした。でもまだ私は帰ったらまた痛みが戻るのではと、内心心配でしたが、それもなく、次の日も続けて治療に行き、その日帰ると何も食べられなかった息子が左側で小さく切ったものが食べられるようになりました。

3日後、3回目の治療をして痛みがずいぶんよくなっていき、肩の凝りまでがなくなってきています。

原田先生のところで治療をしていただいて、早く回復に向かっているので、本当に良かったと思うのと「あと2回ほどの治療で大丈夫」との先生のお言葉とともに、親子でホッとしています。
鍼灸の痛みは顎の痛みに比べれば、全然大丈夫と息子は行っておりました。

患者様のお声(14歳中学生)

20150630-02

どのような症状で来院されましたか?

顎関節症(右側)

治療後症状はどのように改善されましたか?

十数年、顎関節症の方がよくなられたと知って。

当院の施術を受けられた感想を自由にお書きください。

14歳の息子が右側の顎が痛く口も開かず水すら飲むのも痛みで困難であった為、病院で血液検査・レントゲン色々と調べてもらった結果顎関節症との事でした。
骨の間にある関節円板がずれてはまっている為、痛みを伴い、口が開かないので歯科口腔外科の先生が理学療法で処置をその場でして下さり、その時には少し痛みが和らいでホッとしたのですが・・・・家に戻ると同じ痛みに戻ってしまって「どうすればよくなるだろうか」と思いインターネットで調べ、十数年顎関節症で悩んでおられた方が原田先生のところで治療をしてよくなった事を知り、先生の所へ電話をかけ症状を伝え息子を連れて行きました。

一回目の鍼灸治療と整体を終えた息子は痛みはまだありましたが、治療前とは違い確実に痛みが和らいでいるようでした。
でもまだ私は帰ったら、また痛みが戻るのではと内心心配でしたが、それもなく次の日も続けて治療に行き、その日帰ると何も食べれなかった息子が左側で小さく切った物が食べれるようになりました。
3日後 三回目の治療をして痛みが随分よくなっていき、肩の凝りまでなくなってきています。

原田先生のところで治療をしていただいて早く回復に向かっているので本当に良かったと思うのと「あと2回程の治療で大丈夫」の先生のお言葉、共に親子でホッとしています。
鍼灸の痛みは顎の痛みに比べれば全然大丈夫との事でした。

※効果や感じ方は人によって異なります

症例集
症例集

当院の治療方針を知ってください。当院の治療方針を知ってください。

他で治らないような症状や疾病が当院で何故治るのか?
本気で症状を改善したい方へ
痛みやしびれが改善できる当院の治療の流れ
大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分