update:2012年3月1日 最終更新日:2012年3月1日

無意識は宝島 (心の防衛機制③)

※効果や感じ方は人によって異なります

<心の防衛機制②からの続き>

投影③

自分の心の中で憎いと思ってれば、やることなすこと、汚くまずく見えるのです。
「その気持ちを捨てない限り、おばあちゃんは、鬼だよ、鬼になりたいの」といいました。
それからは、仏のようなお姑さんになったそうです。

このお話からも分かるように、好意をもっていれば、あばたもえくぼになり、逆に悪意を持っていれば、えくぼもあばたになるのです。
私達は無意識のうちに、この投影作用におかされている危険があります。
そして人間関系を悪くするのです。
皆さんも、今日から人間関係の悪い人には、自分の先入観を捨ててあの人は良い人なんだと、心に言い聞かせてください。

反対に少しでもその人の良い所を見て、誉めることです。
そうすると、だんだん心の中で好意的な心が沸いてきます。
そして、その分だけ相手のことが良く見えてくるのです。
このように、自分が震源地になって、プラスの投影作用を始めればいいのです。
そうすると、人間関係が良くなります。

世の中が明るくなるようにするかどうかは、他人ではなく、自分自身にかかっているのです。
たとえば、どこへいってもけんかをするような人は、心の中に常に他人に対する憎しみを持っているのです。
その憎しみが投影されて、相手が自分をいじめている、いつも悪口を言っていると思うのです。
自分の世間への憎しみが、相手が自分に悪意を持っているように感じさせるのです。
だから仕返しするのは、当然の行為だということになり、段々と敵が増えてしまうのです。

そういう人は会社に行っても、どこに行っても長続きしません。
ですから、好意で人をみるような訓練をしましょう。
何かあったら全て原因は自分にあると思いましょう。
そして、自分の心にプラスの言葉を入れて、相手に好意的な感情を芽生えるように常に心がけましょう。
そうすると、今まで苦手だった相手も自然に「あなた最近変わったね。」というようにして良い人間関係が戻ってくるのです。

<次回は心の防衛機制の「合理化」についてご紹介します。お楽しみに!>

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分