update:2015年4月3日 最終更新日:2015年4月28日

鍼治療のおかげで思いがけない症状の改善があり驚いています

※効果や感じ方は人によって異なります

患者様のお声(80歳女性)

img042
img043

どのような症状で来院されましたか?

逆流性胃炎と診断されて、薬でコントロールするしかないと言われました。
うまくコントロールができず、胃がひりひりと痛んできて、食欲がなくなってしまいました。
二ヶ月ほど、おかゆと梅干しで過ごしましたが、気持ちも滅入るので、針で治療するしかないと思いました。

治療後症状はどのように改善されましたか?

今まで、パレット錠で胃酸をおさえていましたが、はじめは一週間効果がありましたが、次第に3日くらいしか効果がなくなりました。
初回の治療で、ひりひりして重い感じがしていた胃が、すっきりと軽く久しぶりに空腹を感じました。3月10日以降、4回治療を受けましたが、一回もお薬に頼ることなく過ごしています。
腰の治療もしていただき、四六時中痛かった腰と背中も楽になり、楽々と掃除機で掃除ができるようになりました。

80歳になるまで、鍼治療はしたことがないので、他院のことはわかりませんが、初回いろいろとお話をしてくださり、食事に至るまで、飲んでいる区するまで、克明に記録してくださり、いろいろと説明していただけるので、より信頼を持って治療していただけることを幸せに思っています。

当院の施術を受けられた感想を自由にお書きください。

思いもかけず逆流性食道炎を患ってしまいました。胃と食道の間の筋力が弱くなり、胃酸が逆流することで、焼け付く様な痛みが生じてきました。一旦筋力が弱ると、もとの様にはなりません。薬でコントロールしてくださいと言われました。食事は腹八分目、油濃いもの、柑橘類、コーヒー、お茶、刺激物等は駄目、娘一家等の外食も出来なくなり、胃もひりひり痛むので、気持ちが滅入りました。

私は鍼と聞いただけで痛い、こわいと思って絶対にしたくないと思っていましたが、あまりの胃の不快感に、治療を受けることを決心しました。今はつくづく鍼治療に出会えたことをありがたく思っています。
又、10年来患っていた結腸にできた憩室の炎症によるさまざまの、辛い症状も、胃、その周辺による鍼治療のおかげで思いがけない症状の改善(例えばスムーズな排便等)があり驚いています。逆流性食道炎の薬も、一回も服用することなく過しています。

より健康な日々を送れます様、先生のお力を頂きながら私自身も頑張りたいと思います。

※効果や感じ方は人によって異なります

症例集
症例集

当院の治療方針を知ってください。当院の治療方針を知ってください。

他で治らないような症状や疾病が当院で何故治るのか?
本気で症状を改善したい方へ
痛みやしびれが改善できる当院の治療の流れ
大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分