update:2015年1月19日 最終更新日:2015年4月23日

電車が動くと踏ん張れなかった下半身に力が入るようになりました(腰痛・O脚・骨盤矯正)

※効果や感じ方は人によって異なります

40歳  女性  職業(看護師)
疾病名 腰痛及び内旋型O脚、足関節の内反

<症状>

suwaru_shisei_good

イスに座ると、身体が右側に傾きます。右の坐骨が当たっていない気がします。右のお尻に手を入れたら、安定します。歩行すると、右のお尻がガクンガクンし、力が入らず、外に逃げていく気がします。座っていても立っていても、不安定で腰が落ち着かない。電車で立っていると、電車が動くと踏ん張ることができません。筋肉がないから踏ん張れないのでしょうか。親指に力を入れて立つと、右側のつま先に力が入りません。右坐骨がコリンと落ちる感じがします。軸を作る筋肉トレーニングに一年間通いましたが、改善されませんでした。以前は首肩が凝ると指先が痺れました。前屈みになると首が凝ります。緊張すると手が震えます。そして頭がフワ-っとしてあくびがよく出ます。顔の目の下の筋肉の動きが悪く、左の顔全体に麻痺感があります。肩こりの治療のために頸椎ブロック注射を行った後に、そのようになりました。
仕事大好き人間で、職場では可愛がられますが、頑張りすぎて身体を壊すことが多いです。家では腹を立たせないように、イヌにも母にも気を遣います。人の気持ちをよく考えて気をつける方です。

<痛みの原因と分析>

骨盤のねじれによってうつぶせに寝て左右のかかとを比べると、見かけ上左足が1㎝ほど長く見えます。これは左右の腸骨と仙骨でつくる骨盤の関節部である上後腸骨棘が後下方に下がっているからです。さらに、骨盤は左側にねじれています。また骨盤に対して左股関節が内側にねじれています。さらに右足関節が内側に傾き、クツを履くと足の裏の外側が減る状態になっています。左右の股関節が内旋し、足関節が内反しているためその結果O脚になっています。立位になると左右の膝の間が指三本くらいあきます。意識してしめると、指一本くらいの間隔になります。
その結果上記の肉体的症状が起こっています。試しに右のお尻に手を入れたら、安定しました。右脚を上にして脚を組むと、身体が安定します。単純ではないけれども、様々な要素が重なって上記の症状が起こっているのです。
身体の内側の状態を舌脈診で見てみると、脈診では、72/分、渋脈でストレスなどから血液の流れが悪くなっていることが判断できます。ストレスが加わると、ふらつき感などに繋がります。また過度な脳の緊張は、手の震えを引き起こします。
舌診からは、舌の上の苔が多く、身体が湿気ていることが判断できます。身体が湿気ると、停滞した水分は筋肉の中に侵入します。筋肉の伸縮を妨げます。

<治療方針>

☆鍼灸治療

鍼灸治療で体調を整え、自然回復力を高めます。
①具体的な治療として、腰および首肩そして、殿筋群および股関節の筋群、さらに内転筋群の筋肉を緩めます。
②中医学弁証により内臓諸器官の働きを調整し、さらに心理的ストレスを取り除く鍼を行います。全身の気血の流れを調整し、新陳代謝を促進させます。

☆矯正治療

①骨盤矯正
骨盤の矯正をして左右の脚の長さを揃えます。
②股関節矯正
股関節が内旋しています。股関節の内旋を矯正します。
③脛骨の矯正
脛骨の矯正を行います。
④足関節の内反について
足関節が内反しています。足関節が内反していると、下腿部の外側に重心がかかり、O脚を促進させます。
地面に最初につく足関節から治すことが一番大切なのです。

<治療>

骨盤矯正
骨盤矯正により足の左右の長短の差を矯正しました。  
20150119YS01

O脚です。
20150119YS02

股関節の矯正
20150119YS03

股関節矯正
20150119YS04
 

脛骨の矯正
20150119YS05
右足関節の内反
上から見た状態
20150119YS06
右足関節が内反しています。
左側から見た状態
20150119YS07
右足関節内反の矯正
20150119YS08

20150119YS09

O脚体操
O脚体操によるホームケアを一人一人指導させて頂いております。
1回1分、1日2回、2分の体操でリバウンドを防げます。
20150119YS10
このホームケアによってO脚はすごく早く改善されます。

現在の経過

骨盤及び内旋型O脚そして右足関節の内反が改善することにより、骨盤や下半身に力が入るようになりました。
特におしりがガクンガクンし、力が入らず外に逃げていく感じが、力が入るようになり、とても安定してきました。今後更に矯正を加えることで、リバウンドすることなく下半身の安定を図っていきたいと思います。

私のヨガ教室にも参加されています。ヨガでは、丹田と大脳強化安定させます。丹田は自律神経で、丹田を鍛えることで身体が強化されます。大脳を安定させることで、精神的な安定を図ります。心と身体を両方進化させることで本当の健康を得ることが出来ます。肛門を締める力が強くなり、腰腹力が高まり、呼吸が深くなり心が安定します。その結果免疫力が高まり、適応力、生活力が向上するのです。ヨガを通して元気に自分の身体を維持し、生涯自分の足で歩ける、むしろ人のお世話を出来るような状態を保っていきましょう。

※効果や感じ方は人によって異なります

症例集
症例集

当院の治療方針を知ってください。当院の治療方針を知ってください。

他で治らないような症状や疾病が当院で何故治るのか?
本気で症状を改善したい方へ
痛みやしびれが改善できる当院の治療の流れ
大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分