update:2012年3月30日 最終更新日:2012年3月30日

中医学によるアレルギー性鼻炎の分析5

※効果や感じ方は人によって異なります

腎陽不足によるケース
腎陽は冷飲食の過食、過剰な冷房、加齢などによって消耗します。また、ストレスや過剰な精神活動などによって心火が上部に亢逆し、下降できなくなると、腎陽不足を引き起こします。腎陽不足の結果、腎水の蒸騰気化が不十分となり、腎水が身体の下部に停滞し、全身を巡るべき津液が肺に停滞し、肺の宣散失調が起こります。そのため水湿が鼻汁として溢れ出るのです。これは近年臨床においてよく見られるケースです。
腎は津液を温め蒸化し、再び肺に送り、体内水分が全身に巡るよう推動する働きを持っているのです。

腎陰不足によるケース
慢性的な過労や睡眠不足などは腎陰を損傷し、陰血不足による目の痒みや皮膚の乾燥などをもたらします。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分