update:2012年3月30日 最終更新日:2012年3月30日

中医学によるアレルギー性鼻炎の分析3

※効果や感じ方は人によって異なります

アレルギー性鼻炎の原因の考察

生活環境からみたアレルギー性鼻炎の原因
花粉症は1955年頃より急速に増加しました。
それまでと何が変わったのでしょうか?

①多飲、冷飲
様々な飲み物がいつでも自動販売機などで簡単に手に入るようになり、甘いジュースやコーヒーなどを多量に飲むようになりました。
また室内の暖房施設の普及に伴い、冬でも冷たいビールやお茶を飲むようになりました。

②食生活の変化
(1) 旬のものは勢いがあり身体に良いのですが、冬に夏の果物を食するなど、季節に関係なく一年中何でも食べるようになりました。
(2)食生活の欧米化によって、油物や肉類などを中心とした食生活となり、さらに嗜好品もケーキやクッキーなどの洋菓子が増える一方で、野菜や穀物などの摂取が大幅に減少しました。

③ストレス
機械化が進み、コンピュータの導入で社会生活はスピード化され、激しい競争社会の中で時間に追われ、常に過剰なストレスを抱えるようになりました。

④住環境の変化
(1)エアコンの普及や部屋の機密性の向上により、体内の温度調節機能が低下しました。
(2)エアコンや車の排ガス、道路の整備や鉄筋コンクリートの住宅により日中の気温が上昇し、ますます高温多湿となりました。

私たちの身体は、身体内の気、血、水が順調に流れることによって健康を保っています。しかし以上のような要因により、体内の様々な臓腑の生理機能が失調し、身体内の気、血、水の流れに影響をもたらし、特に体内水分の代謝異常を引き起こしました。すなわち、生活環境の変化が新陳代謝機能の低下を招き、自然環境にうまく適応できないような体質を作り上げたのです。このような体質の変化が、花粉症に罹患する人が年々増加している根本的な原因にあげられます。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分