update:2012年3月30日 最終更新日:2017年8月9日

中医学によるアレルギー性鼻炎の分析2

※効果や感じ方は人によって異なります

近年、症状が変化し、重症化が進んでいます
以前は鼻汁を中心とした症状が主でしたが、最近では鼻汁に対して鼻閉を主とし、鼻や目、顔の乾燥や痒み、さらに手足や全身の湿疹、痒みなどの皮膚症状を呈する症状が増加しています。また喉のいがいが感や咳、気管支喘息の症状を訴えるなど、多彩な症状を呈しています。スギだけでなくイネ科や秋草など複数の花粉に反応する人、季節性と通年性の両方のアレルギー性鼻炎をもつ人、さらに食物アレルギーや口腔アレルギーを持つ人など、アレルギーのフルコースと呼ばれるくらい1人の人が多数のアレルゲンを持つなど重症化が進んでいます。

なぜアレルギー性鼻炎に罹患する人がこのように近年になって急速に増加したのでしょうか?
なぜこのように症状が変化し、症状の複雑化が進んでいるのでしょうか?
アレルギー性鼻炎の原因は花粉やホコリなどのアレルゲンなのでしょうか? それとも私たち自身の体質なのでしょうか?

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分