update:2013年6月29日 最終更新日:2013年6月29日

わかりやすい中医学入門【肺】8

※効果や感じ方は人によって異なります

それでは、宣発(せんぱつ)と粛降(しゅっこう)が協調しておこなっているはたらきがあります。
ひとつは呼吸です。呼気(こき)と吸気(きゅうき)です。

もうひとつは水のめぐりです。津液(しんえき)の循環です。
上へ外へという宣発(せんぱつ)のベクトルと、下へ内へという粛降(しゅっこう)のベクトルによって全身にくまなく津液(しんえき)が輸送されます。

もうひとつは水(すい)穀(こく)の精微(せいび)を全身に行きわたらせるはたらきです。

宣発(せんぱつ)と粛降(しゅっこう)ができなくなり、水の代謝に影響すると、むくみとか浮腫(ふしゅ)がおこり、尿の出が悪くなります。上へ外へという宣発(せんぱつ)のベクトルで津液(しんえき)が広く全身に発散され、下へ内へという粛降(しゅっこう)のベクトルによって津液(しんえき)を下降させ腎(じん)に送ります。宣発(せんぱつ)と粛降(しゅっこう)の協調関係によって、肺の通調水道(つうちょうすいどう)という機能は実現されています。通調水道(つうちょうすいどう)とは、体内の水液(すいえき)の輸送、排泄に対する肺のはたらきをいいます。肺は、このように水道を通調(つうちょう)し、水のめぐりをつかさどっています。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分