update:2013年3月12日 最終更新日:2013年3月12日

わかりやすい中医学入門【肝と心】24

※効果や感じ方は人によって異なります

心陰虚

心悸・不眠・多夢・五心煩熱・潮熱・盗汗・顴紅

舌:紅

脉:細・弱

心陰虚のため、心を養うことができず、心神不寧(心身が安らかではないこと)となる。
五心煩熱、午後の潮熱、盗汗、脉:細・弱、顴紅は陰虚の症状です。
治法は、育陰寧心です。

心火亢盛

胸部の煩熱、不眠、面赤、口渇、小便黄、大便固、舌尖:紅
脉:数・有力

心胸部が熱く煩わしい
心火が盛んなため

不眠
火熱が神志に影響、
面赤、口渇、小便黄、大便固、舌尖:紅、脉:数・有力
裏実熱の証候
舌尖:紅

心は舌に開竅しているので、心火が亢盛すると火が経絡にそって上炎して、舌尖紅となる。

心血瘀阻
心悸・息がつまる・胸部に刺痛が起こる・痛みが肩背部に放散する・舌質:暗紫あるいは瘀斑・瘀点
脉:細・渋、あるいは結代
心悸・息がつまる・胸部の刺痛・痛みが肩背部に放散・脉:結代
血が心脈に瘀滞するため
舌質:紫あるいは瘀点・瘀斑、脉:渋
気滞血瘀の証

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分